心と体

2007/06/26

延命とは?!

母が危篤状態に陥ってから約2ヶ月。
残念ながら回復の見込みはありません。
もともと延命を望んでいなかった母の希望もあり、
家族の意思として、改めて延命は希望しない事を伝えました。
そして今後の方針として、抜管してほしいっという事を
主治医の先生に伝えてきたのですが、結果的にはその行為はNGとの
判断が下されてしまいました。

やはり今の法律では明確な基準がないため、
積極的な対応も消極的な対応も法に抵触する可能性がある為
(これがすべての理由ではないようですが・・・)
病院の総意としてNGとの判断がくだされてしまいました。

今まで散々延命の意志はないことを告げていたので、今になってそれはどうなの?
と言いたいことは色々ありますが、確かに判断が難しい事は十分理解できますので
その決定を了承しました。

正直、父はその決定でちょっとほっとした気持ちもあるようです。
俺自身、そう思う気持ちもありますが、このままではかわいそうだな~
と言う気持ちもあり、決断の早い母の性格を考えると、なんとかしてあげたかったな~
と思う気持ちも強く複雑な気分です。

とりあえずは結論を先延ばしする形になりましたが、
またしばらくすると、管の交換(再挿管)ができるかどうか
(出来る出来ないも含めて・・・) 
改めて決断を下さなければならないと思うと
重い気分だけが残ったこの週末でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/03

昏睡

昨日、脳波とMRIの検査を受けました。
脳死ではありませんでしたが、昏睡状態だそうです。
まぶたをピクピクさせているので、今にも目を開きそうな感じなのですが、
難病を抱えている母にとっては、その動きは「反射」としか判断されませんでした。

延命を希望していなかった母と家族一同の意見を尊重するために、
どこかで何がしかの判断をしなければならなくなりました。
わかっていることですし、覚悟は出来ていますが、どこでどう決断すればいいのか、
迷うところです・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/05/01

奇跡を信じて・・・

突然、母が危篤状態になってしまいました。
このGWは親孝行週間と思っていただけに、かなりショックです。
今は奇跡を信じるしかありません。
奇跡がお金で買えるなら、奇跡が自分の命を削ってでも叶えられるなら・・・。
そんな気持ちでいっぱいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/26

無事に・・・

今日、無事に母の手術が終わりました。
ちょっとほっとしました。 

p.s.ブログやメールで励ましのコメントを頂きました。
  ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/24

手術の予定が・・・

今日は母の胃ろうの手術の予定でした。
15~20分ぐらいの手術と聞いていたので、そんなに心配していなかったのですが、

本人の極度の緊張の為、術前に呼吸困難に陥ってしまい、
急遽手術が中止に・・・。  

とりあえず今は落ち着いているので大丈夫なんですけど。


母の気持ちを考えて、やっぱり再手術は止めさせようかと思ったけど、
本人としては今、介護している家族の事、そして家に帰りたいという一心で、
再度、手術を受けると言っているらしい。
こうなると、言っても聞かない性格だからなぁ~(悩)

とは言え、今後の事を考えるとやはり手術は受けた方がいいのはわかってるし、
母には頑張ってもらうしかないとも思う。

見守る家族としては、気持ちを支えてあげることしかできないかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/23

PEG

書くか書くまいか、迷いましたが・・・。

母がPEGの手術を受けるか、どうかを判断する為に急遽実家に帰りました。
現在の母の病状、PEGをすることによるのメリットとデメリット、主治医の意見、父や妹の意見、
母の姉妹の意見、そして母の気持ち。 
色々なことを総合して、手術を受けてもらうように、俺の意思として母に納得してもらいました。

母は本当は手術を受けるのはとても嫌なんだと思う。
手術をしても、今の病状が劇的には回復はしないのは、わかっている事だし・・・。
体にメスを入れること、体に器具が取り付けられる事、きっと女性だから
特に嫌なんじゃないかと思っていた。
でもそれ以上に母はムダに延命はしてほしくないという事が本心だった。
母の性格を考えると、十分理解できる理由だった。

でも今後の母の体への負担や父の介護の負担を考えると、そうする事がベストなんだよと
母に説明して納得してもらった。(と思う)
でもきっと本人はすごく嫌なんだろうな~。(と、言うのがわかる)

母本人ではなく、父でもなく俺がそう判断したんだから、
せめて母の気持ち、父の気持ちをフォローできるようにしなきゃいけない
と思った。 せめて俺が出来る事はちゃんとやろうと心に決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

幸せが分からない人は幸せになれない

私が尊敬するビジネスマンの一人である宋 文洲さんのメルマガに
とても素敵な記事が掲載されていました。
是非ご紹介したいと思い、そのまま転載致しました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「幸せが分からない人は幸せになれない」

神が人を幸せにするために天界から降りました。目の不自由の人は神に「私は
愛する家族の顔も綺麗な夕日もみたことがありません」と訴えました。神は彼
に視力を与え、彼は幸せになりました。

「私は凍土上でも炎天下でも労働を嫌いませんが、自分の土地は一寸も持って
いません」と訴えた農民には神は農地を与えました。農民は幸せになりました。

貧乏な青年がやってきて言いました。「神様、私にはお金がなく家族も持てま
せん」と。神は彼にお金と美しい妻、可愛い子供を与えましたが、青年は暗い
顔で「神様、私には才能もありません」とさらに訴えました。すると神は彼に
才能も与えました。

数日後、青年はまだやってきてとうとう言いました。「神様、私には幸せがあ
りません。ください」と。

神は少々躊躇されましたが、「与えよう」といってこれまでに彼に与えた全て
を撤回しました。

青年は一人ぼっちのホームレスになり、飢餓と悲しみと孤独に暮れる日々を送
ることになりました。

二年後、神は青年に家族だけを返しました。すると青年は「私は幸せだ!」と
号泣しながら妻と子供を抱きしめました。

小さい頃大人からこの言い伝えを聞いた時は単純にあの青年の貪欲に憤慨を覚
えました。しかし、今となって考えは変わりました。彼は欲張りではなく単に
幸せを知らなかったのです。

万能の神は彼が幸せを知らないことに気付いたとき、彼に失うことを経験させ、
幸せを分かる人間への変身を促したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宋さんも書かれていましたが、今の日本の若者って(自分も含む)
みんなこの青年と同じなのかもしれません。
昔、「幸せってなんだっけ♪」ってCMがあったけど、
今、一人ひとりが「何が幸せなのか?」を再確認しなければならない、
そんな時期に来ているのではないかと最近強く感じます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/08

ヘルシアウォーター

以前、あるあるを見てヘルシア緑茶を飲んでみた。
「まずー こんな苦いお茶飲めるか!!(怒)」

数日前に健康診断。 体重は微妙に増えてたが、体脂肪は2%減ってた?!
これをきっかけに?!ダイエットでもするか~

コンビニで偶然見つけた「ヘルシアウォーター
試しに飲んでみた。 グレープフルーツ味、思ったより苦くない。
これいけるかも??  普通のスポドリよりちょっと高いけど、いいかもね~♪
Healthya_water

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

整骨院

最近、首と肩こりがひどく時々整骨院に通っている。
アイシングをしてもらってから軽く程よくマッサージ。
今日は疲れが目から来ているからって事で初「針」を体験♪
最近ちょっとはまっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)