住まい・インテリア

2009/07/12

特優賃

そろそろ家も手狭になる見込みなので、
最近ちょこちょこ賃貸住宅を物色しています。  
ネット検索で、色々と探し回っておりましたが、
そんな中で「特優賃」という制度を見つけました。

「特優賃」とは
家賃の一部を国と自治体が補助し、入居者の負担を軽くしようという制度の事です。
この制度がうまく活用出来れば、それなりの物件がお得に借りれるかもsign02
しれません。

HPにもありますが、5つのポイントがあって、

1.住宅の質が高い
2.家賃補助で月々の支払いが安くなる
3.仲介手数料が不要
4.敷金は契約家賃の3ヵ月分。礼金は不要。
5.快適で安定した管理体制

が上げられます。(詳細はHPをご参照ください)

これだけ見るといい事尽くしですが、やはりデメリットもありまして、
・収入の上限下限がある。
・制度が複雑。
・手続きが面倒。
・年度更新なので、家賃が数%づつ上がっていく
などなどがあります。

とは言うものの、折角の制度を利用しない手はないと思い、
主に特優賃を扱っている不動産会社と色々会話して、
実際いくつか物件も見てきました。

そこで聞いてきた内容をまとめてみたいと思います。

まずはメリット
・制度にマッチする年収と手続きのわずらわしさをクリアすれば
 初期費用&ラーニングコストはかなり軽減出来そう。
 (一般購入よりもかなりお得のようです)
・賃貸物件を建築した時点で、補助金が入っているので、
 質としてちゃんとした物件が多い。
 (収納スペースが多い、天井が高いなど)
・審査を通過しているので、住民も信頼できる。

などが上げられるようです。

逆にデメリットですが、
・制度が複雑な為、詳細は専門家に聞かないとわからない
 (例えば大阪市と大阪府との制度の違い、収入のランクなど)
・物件の絶対数が少ない。
 (いい物件は早い者勝ち)
・エアコン、照明器具、コンロの実費購入。

などが上げられます。

デメリットをかわしながら、うまく制度活用できるといいのですが・・・。
ここしばらくは賃貸情報とにらめっこが続きそうですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)