イベント

2013/08/18

淀川花火大会は大盛況!

早朝散走をしたこの日、実は淀川花火大会の当日でした。

と、言うことで散走終了後、淀川河川敷に場所取り隊に参加。
(自分で言うのもなんなんですが、元気ですw)

場所取り先発隊のケンゴとみやっちが場所を無事確保。

Hanabi0

この日も気温が37℃。 
灼熱の河川敷で買い出し隊を含む8名のUNO大会で時間をつぶしました。


年々有料ゾーンに場所を侵食され、数年前よりかなり後方になってしまいましたが、
花火の迫力は相変わらずです♪

Hanabi1


Hanabi2

この日はあいにく風向きが悪く花火の灰が降ってきてしまいました。
(灰が降ってくるぐらい近いって事ですけど・・・)

探検隊Team関西のメンバーが43名と過去最高に集合した花火イベント。

Hanabi3

皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/29

阪神競馬場の来賓席に行ってきました

先週末、福岡から父と妹がわが家にやってきました。
今回の旅のお目当ては、長年の競馬ファンである父を阪神競馬場の連れて行くこと。

そしてなんとそのタイミングで阪神競馬場の来賓席が当たってしまいましたhappy01
今まで4、5回応募して全然当たらなかったのに、実にいいタイミングで当選♪
やっぱ母のくじ運ついでるな~(笑)

そしていよいよ阪神競馬場へ
なんと父は初競馬場だったらしい。 知らんかった・・・。


¥200の入場券を買って中に入るとすぐ裏にパドックがあります。
まずは競馬場のでかさと綺麗さに圧倒された模様。
やはりTVで見ているのとは全然違います。

Hanshink1

そしていざ来賓席へ。 
来賓受付から入場するとやはり対応がとても丁寧です。

Hanshink

いや~ さすが来賓席shine
見晴らしが違います。 ちょっとしたブルジョア気分です(笑)

せっかく競馬場に来たので、もちろんコース目の前でも観戦。
やはり臨場感が違います。

Hanshink2

お目当てのレースまで少し時間があったので、ビギナーズセミナーに参加してみました。
ここでは馬券の買い方を教えてくれます。
JRAの職員の方がやさしく解説してくれるのですが、
馬券の買い方を知っていても、参考になる情報があるので意外にオススメです。

Hanshink3

セミナに真剣な父とトム。 
父は「これで今日は勝ったぞ!」とわけのわからないことを言ってました(笑)

Hanshink5


Hanshink6

お約束の記念撮影camera
ディープインパクトとミソと父と妹。

で、この日のメインレースを含む3レースの馬券を購入。
結果はと言いますとトム、ミソ、妹ともに惨敗。
辛うじて父がメインレースを獲りましたが、配当がつかず元は取れなかった模様ですcoldsweats02


結果はイマイチでしたが、競馬場観戦には大満足してくれたみたい。
ちょっとした親孝行が出来てよかったですshine
JRAさん、ありがとーheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/15

Machael Jackson the Immortal に行ってきました

Michael

マイケル・ジャクソンとシルク・ド・ソレイユがコラボした「Machael Jackson the Immortal」に行ってきました。

一昨年、シルク・ド・ソレイルの「クーザ」を見に行ってからすっかり
ファンになってしまったトム。
そして今回はなんとマイケルとのコラボのショーと言うことで、これは行くしかないでしょ?!

先行予約で早々にVIP席をGET!
ついに昨夜行ってきました。
しかも前から2列目。 席の構造上、実質1番前でしたhappy01


内部の写真撮影はNGだったの写真はありませんが、
それはそれは素晴らしいショーでした。 
多分、あの瞬間、マイケルは大阪城ホールにいたな! 
と思えるぐらい。 ちょっと涙が出ました。

約2時間のショーでしたが、あっという間。
シルク・ド・ソレイルのショーを期待した人は若干物足りなかったかもしれませんが、
マイケルを期待してきた人にとっては大満足だったのではないでしょうか。

でもどうしても足りないピースが1つ。
やはりあの場に本物のマイケルがいない事。 ちょっと切ない・・・。

ファンがコンサート中に失神してしまう映像を見て、「あれはないやろ?!」
とか思っていましたが、今回のショーでもしあの場にマイケルがいたら
失神する人が続出したんじゃなかろうか?!と思える程。

そんな話を帰りにイズミソとしていました。

今回VIP席だったので、テンピュールのクッションのお土産付でした。

Michael2

今回のショーでマイケル熱が復活sign03
ミソは朝から「This is it」見てました(笑)


p.s.ラスベガスでは常設館でマイケル・ジャクソンとシルクがコラボした「One」とショーをやっているらしい。
  こりゃ~ベガスに行かんといかんね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/01

フォトロゲイニング@生駒に参加しました。

昨年の六甲山ロゲイニングに引き続き、今年は奈良の生駒で開催された
フォトロゲイニングR生駒」大会に出場しました。

今回は東京から深夜バスで駆けつけたEさんとチームを結成。
Team8で5時間男女混合の部に参戦です。

AM9時。 生駒駅に到着、Eさんと合流。会場に向かいます。

この大会は日本オリエンテーリング協会「ナヴィゲーションゲームズ2013」の
大会の1つと言うことで、前回の六甲の時より本気モードの参加者がかなり多かったです。

スタート15分前、MAPとチェックポイントの写真が配られます。

生駒市南部の地図
Roge01_2

チェックポイントの写真
Roge02

実は大会の1週間前に生駒山をトレックした時に生駒山山頂から暗峠の方面を
偵察?!していたのですが、今回のチェックポイントにはそちら方面に少ないことが判明。
スタート前に少し迷いましたが、土地勘がある方がやはり有利だろうということで、
生駒ロープウェイを使って山頂に向かい、暗峠方面に攻めるルートを選択しました。
(今回のルールでロープウェイのみ利用可能)

そしてAM10:00。 いよいよスタートです!

まずは生駒市役所15へ
(こうやって各ポイント地点まで行って写真を撮ってまわります)
Roge1

びっくり通り商店街14を経由して、生駒山上ケーブルカーに乗って山上へ

旧鶴林寺の薬師の滝56
Roge2

生駒山上の航空灯台37
Roge3

暗峠74
Roge4

藤尾町 阿弥陀如来立像54
Roge5

法憧寺の石船52
Roge6

美努岡萬墓44
Roge7

菊司醸造32
Roge8

大瀬ふえあい公園29を経由して

竹林寺境内 行基墓53
Roge10

生駒大社28
Roge11

hush-hush13 (クッキー頂きました)
Roge12

hi-OVIS記念碑26
Roge13

大慈寺にある謎の石46
Roge14

下向きカーブミラー34
Roge15

いよいよゴールまであとちょっと・・・
Ikomaroge1

ついにゴール。 4時間55分、お昼ご飯も歩きながら食べ、遂に完歩しました!!
約20km以上歩いた模様です。 
Roge16

結構頑張りましたが、合計ポイントは607点。24チーム中、18位。 う~ん・・・coldsweats02
トップのチームは1000点以上とうちらの倍近くのポイントをゲットしてました。
まあ他のチームはほとんど走ってたけど、うちらは全く走らなかったから
まあこんなもんなんだと思います。

そして最後に記念撮影。 

Ikomaroge3

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/28

行くなら、今でしょ?!

きっかけはモンベルのイベントでした。
会場にくまもんが来ていたので、イズミソと記念撮影。

Kumamon


↑この写真をFBにアップしたところ、写真を見たらぐじーが現地で我々を追跡。

(偶然、友人がイベントに出展してるということで会いにきていたらしい)

そして遂に?!会場でらぐじーと遭遇。

で、その友人が飛騨里山サイクリングのスタッフと言うことで
紹介してもらい、直接話里山サイクリングのを伺う。

話を聞いているとなんか面白うそう!
しかも来週は古川祭りがあり、そしてちょうど桜が満開!という情報をキャッチ。

特に来週末の予定がなかったトム&イズミソは
「いつ行くの? 今でしょ?!」
と言うことで翌週の飛騨行きを決定しました(笑)

With_tasuandraguzi_2

と、いうことでらぐじーと飛騨里山サイクリングのタツと記念撮影♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/04/07

探検隊Team関西お花見会 2013

Teamkansaihanami2013

あいにくのお天気で一時はどうなるかと思いましたが、なんとかお天気ももち
無事お花見会を開催できました。

日程変更&お花見にはちょっと寒かったですが、今年も約20名が集合。
わいわいと盛り上がってきました。

ホット梅酒が体に染みたお花見会でしたcherryblossom


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/27

六甲山ロゲイニングに出場しました。

先週、友人に誘われて「六甲山ロゲイニング」に出場しました。

ちなみにロゲイニングとは・・・
地図、コンパスを使って、チェックポイントをできるだけ多く制限時間内にまわり点数を競うゲームなんです。

ちょこちょこ話は聞いていたのですが、参加するのは今回が初めて。
もちろんTeamトムミソでエントリーです。
この日は朝からお天気もよく速攻で開催場所の六甲山カンツリーハウスに出向き
、地図読み講習から参加、気合十分ですhappy01

競技開始15分前。
参加者に地図とチェックポイントの写真見本表が配られました。


Roge1

1/25000の六甲山周辺地図。 見慣れていないとわかりにくいです。


Roge2

各ポイントの数字が得点になります。 
見本の写真のポーズとアングルでデジカメで写真を撮ってきて、
それがポイントとなります。

Roge3_2

早速作戦会議を始めるTeamトムミソと誘ってくれた友人チーム「同級生」

今回は六甲山のイベントとして、特別ルールが設けられており、
六甲山内のバスが使用できました。 

と、いうことでTeamトムミソは
今年の春、登って土地勘のある摩耶山周辺を攻めるという作戦で打って出ました。

制限時間は4時間。 いよいよスタートです。

早速バス乗り場に移動し、摩耶山山頂の星の駅に向かいます。
同級生チームは六甲山ホテルで下車。 ここが明暗の分かれ道???


Teamトムミソはバスの乗り継ぎがイマイチで、最初のチェックポイントまで1時間もかかってしまいました。
いきなり作戦失敗か???

気を取り直して、まずは地図を見なくてもポイントが稼げる
星の駅、山の三角点、山門跡、摩耶の大杉など、一気に高得点をゲットしていきました。


Roge4_2

Roge5_2


Roge6_2

それぞれが妙なポーズになっていますが、それもルールなのです。

4時間の制限時間でしたが、お昼のお弁当をバス停で立ち食いし
時間を切り詰め、六甲山ホテルやガーデンテラス、高山植物園などの
チェックポイントをバタバタと通過、終了5分前に帰ってきました。

全32チェックポイント中、14ポイントをチェック。
結局816ポイントをゲットし、42チーム中13位。 部門別では7位という結果に。
初めて参加して、要領がわからないまま行動していましたが、
まあまあの結果だったのではないでしょうかhappy01

一方、友人チームはいつまで経っても帰ってこず、ちょっと心配していたら、
制限時間をかなり過ぎて帰ってきました。
結果得点はマイナス1000点以上(笑) 
失格チーム以外ではダントツのドベ。
うちらと一緒に回っていれば、女子の部入賞も夢じゃなかったのに。
しかも終了後、一人は仕事に、一人はコンサートに行くと言って
バタバタと帰っていきました。


Roge7_2

と、言うことで最後はゆーこと記念撮影。

なかなか要領を得ませんでしたが、かなり楽しいイベントでした。
是非次回も参加して、もう少し高得点を狙いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/14

星のや 京都④ 聞香体験

突然ですが、「聞香」って知ってますか?
一定の作法に則って香木の香りを聞き、鑑賞する事を「聞香」(もんこう)と言うそうで
その体験をしてきました。
ちなみに日本における伝統芸能三道と言われるものが、「茶道」と「華道」
そしてこの「香道」(こうどう)の事なんだそうです。

と言ってもうまく説明できないので、写真をアップします。


まず最初に聞香炉(ききごうろ)に香炉灰(こうろばい)を入れ、
火箸で全体をかきまぜて灰を柔らかくしておきます。
そして炭団に火をつけ、全体に火を熾し、香炉の中央に香炭団を埋め込みます。
その状態が下の写真です。

Monkou1
(ここまでは既に準備してもらってました)


ここから写真の七つ道具を使って作業開始ですhappy01

Monkou2


まず香炉を左手で回転させながら、火箸で灰を中心にむけて掻きあげ、山を作ります。

そして香炉を回しながら灰押さえで灰山を軽く抑え、円錐になるよう形を整えます。

Monkou6
灰押さえで灰山を整えるトム
6時の方向から灰の山を作り、9時の方向から灰を整え・・・
と言うお作法がございます。

Monkou3
こんな感じになりました。


灰山の頂点から炭団に接するまで垂直に火箸を差し込み、穴をあけます。
これを火窓といいます。

Monkou4
よくみると中の炭の火が赤く見えます。

銀葉挟で銀葉を挟み、火窓の上に水平に載せます。
火箸で香木を銀葉の中央に載せます。


Monkou5
火窓の上に銀葉そして、その上に香木をのせた状態。 
これで準備が整いました。

ここから香りを聞きます。 

香道において香りを「嗅ぐ」という表現は不粋とされるそうです。
香りを楽しみ、日常を離れた集中と静寂の世界に遊ぶことを目的とされているため
あくまでも香りを聞きます。

この日の香木は「伽羅(きゃら)」を使いました。

Monkou7

こんな感じで香りを聞きます。
香道では香木の香りを味覚に例えるそうで、辛い・甘い・酸っぱい・塩からい・苦いの5種類で
表現するのだそうです。
しかし何が甘いのやら、酸っぱいのやら、トムにはよくわかりませんでしたcoldsweats02
でも灰山の作りによって、微妙に香りが違ったりすることはわかりました。


香道が確立したのは室町時代の東山文化の頃。
(銀閣寺には香室があるそうです)
香木の香りを「六国五味(りっこくごみ)」で表現した優雅で知的な遊びは、
戦国時代になると戦に出陣する武将たちのリラクゼーションとなったそうです。

ちなみに上記の解説は星のや京都さんと山田松香木店さんのホームページとWikiの香道の解説から
引用させて頂きました。 
この聞香体験も山田松香木店さんから指導を受けているそうです。

初めての聞香体験。
日本の文化って奥が深いし、趣があるしとても面白いな~と感じました。

山田松香木店でも聞香体験や源氏香体験などもあるようなので、
そちらも今度体験してみたいと思っています。


Monkou8
最後に二人で記念撮影。
お土産に伽羅と銀葉を頂きましたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

今年もなにわ淀川花火大会に行ってきました。

Yodogawahanabi2012

探検隊Team関西夏の恒例、なにわ淀川花火大会に行ってきました。

今年は総勢26名が参加。 やっぱ花火はいいね~
残念ながら花火を見に行けなかった方は、下の動画でお楽しみください。

毎年思うけど、この場所から見る花火はいいね~shine

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/07/18

24時間リレーマラソン 2012 最高のハプニング

いよいよ夜が明けて、残りはあと数時間。
どんより走っていた夜中と打って変わって、俄然各チームがヒートアップupしてきます。
時間的に自分の番が回ってくるのは、あと1回~2回。
最後の力を振り絞って、走るこの時間の盛り上がりが私はとても好きですshine


AM9:00 ラスト1時間。

最後の15分は襷リレーが出来ないルールなので、9:45までに
いかにタイミングよく襷をつなぐか、出走者のコンディションと残り時間を
調整しながら、メンバーを最終調整します。
今までの流れだと、俺の順番まで来なさそうタイミングになったので、立候補して順番を
繰り上げてもらい、ラスト4のメンバーはかめちゃん→なおき→トム→トミィという事になりました。

膝が痛いと言っていたかめちゃん、休憩テントでは結構ぐったりしていたなおき。
しかしラストランという事で、予定よりかなり早く帰って来てくれ、余裕ある襷リレーに
なりました。 いえ、なるはずでした。

そしてなおきから襷を受け取り、いよいよトム出走。 
トムの海星ラストランdashが始まりました。

過去8年この大会に出場していますが、最後までこんなに余力があったのは今回がはじめてかも。
これまで15km以上走っている割には、軽快に走る事が出来ました。
沿道の声援にハイタッチで答える。
この24時間リレーマラソンの一番の醍醐味を味わう事が出来ました。

24hmarason6

この時点では、まだ余裕?!


しかし懸念が1つ・・・。
出走前、アンカートミィには9:43頃には襷ゾーンに来て!と伝えていた事です。
時間は今、9:3?分  
襷を渡すには早すぎる。

そしてその不安は的中します。
トミィが襷ゾーンにいないのです。 
しまった。やられた・・・wobbly

一瞬、どうするか迷いましたが、途中、ヒデから「2周いっちゃいましょう!」と
声をかけられていたので、一か八か勝負に出る事にしました。
そしてこの大会、初めて2周目に突入しました。 
(この時点で残り10分はなかったと思う)


1週目をほぼ全開で走っていたので、いきなりあの心臓破りの坂で
ガクンっとペースが落ちました。

まずはここは冷静になって、体力温存。
最後の下り坂を勢いに後半勝負にすべてを託します。

24hmarason5

いつもの下り坂でランナーを待つTeam海星。  この声援だけが頼りです。

しかし刻々と時間が過ぎていく・・・。 

正直これは無理かも?!  不安がよぎります。

しかしなんとか襷をつなごう必死に走りました。

そしていよいよ下り坂。 今までやったことのないロングスパートで勝負に出ました。

みんなの応援と海星の黄色いTシャツは見えました。 

パワー頂きました。  しかし残りが長い・・・

心臓のバクバク音が妙に耳に残ります。 わき腹が痛い・・・

出場者からのたくさんの応援。 しかしハイタッチする余裕などどこにもありません。

そしていよいよ最終コーナー。

「残り40秒」との声が耳に入る。  まだ可能性0じゃない。

とにかく今出せる力を振り絞りました。 必死でした。

カウントダウンしている声は聞こえましたが、あと何秒なのかがわかりません。

遂に襷ゾーンにいるトミィの姿が見えました。 

でももう1人しかいなさそうです。

たぶん時間内にゲートはくぐったはずです。

そしてそこから十数メートル。 

襷は渡しました・・・。が、数秒?足りなかった模様。 

 「ダメ?」 「NG?」 

一瞬がっくりするトミィ。 よく理解できていないトム。

しかしその直後に襷渡しOKのサインが!!

満面の笑みで今大会最終ランナーのトミィが走っていきました。

24hsaigonotasukirire

「つながった~ よかった~」 

しゃがみ込もうとしたところ、なおきとかめちゃんが待っていてくれました。

そのまま3人でTeam海星の応援ゾーンに。

「つながった?」の声に、goodで答える。 おおーという歓声。

そしてしばらくするとTeam海星の各メンバーのアンカーがみんな一丸となって走ってきました。

その一番後ろにプラカードを持ったトミィの姿が・・・。

24htomi

この姿を見てすべてを悟りました。

プラカードを作っていたから、1回目の襷ゾーンにいなかった事。

「10年間ありがとう!」のラストランの役はやはりトミィの役だと確信したこと。

俺が最後の最後に必死に走った理由は、このエンディングが見たかったのか~と。

ヘロヘロになりながら、Team海星ラストランをこんな素敵なハプニングで終えた事に
一人感無量を味わっていたトムなのでしたhappy01


24hkaiseig

元祖Team海星で記念撮影。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧