« ハウスウォーミングパーティー | トップページ | バースデイ・イブ »

2011/10/31

ドラフトについて

突然イズミソから「なぜ彼(菅野君)は泣いているのか?」と聞かれ
ドラフト会議について話をしてみた。

ドラフト会議のルール上、突然指名されたとしても特に問題はない事。
(ドラフト制度自体には色々と問題あるけど・・・)

挨拶がないって事で身内が憤慨しているという報道については
確かにちょっとマナー違反かな~?っとも思う事。
(個人的には指名するしないにかかわらず、可能性があるなら球団スカウトは
 普通、事前挨拶ぐらいしているのでは??と思ったから)

彼にとってはつい数分前まで、愛しのジャイアンツに入団するという
バラ色の人生?!が待ち構えていたところ、
いきなり「日ハム? なんで?なんで?」って思っているだろうという事。
そしてもし自分が本人だったらたいがいショックだろうな~っと思う事。

どうしてもジャイアンツに入りたいなら一浪すれば可能性はある事。
でもそれはそれでリスキーである事。色んな意味で。
(ここでの一浪は1年チームに所属しない事です)

過去、ドラフトでは色々問題が(特にジャイアンツにおいて)あった事。

などなどを説明してみた。

例えば江川事件は当時、大問題だったし、ちょっと違うけど清原の涙は超有名な話。
そして元木は一浪して・・・。
結局、3人とも(結果的に)ジャイアンツに入団した。

他では福留は最初のドラフトで指名された監督とメディアの前で握手させられながら、
結局、その球団には入らず、社会人を通して2年後、
意中の球団(ドラゴンズ)に入団した。今はメジャーにいるけれど・・・。

イチローは当時、オリックスには全く行きたくなかったらしい。
(本人はドラゴンズ希望)
でも先生に説得されてオリックス入団を決断したらしい。

また松井も実は阪神に入りたくて、入団会見の時は全く笑顔がなかったそうだ。
(当時、長嶋監督と電話で会話した時も、素の表情だったらしい・・・)

そしてその二人は今はメジャーだし。

上記の選手は成功した選手たち。
その裏で消えていった逸材がいっぱいいた訳で・・・。
結局、どの選択が正解なんて全然わからないですね。

彼の環境を考えれば、今はジャイアンツ1本なのかもしれませんが、
日ハムでのびのびやれる方が彼にとってはいいんじゃないかな~っと
勝手に思ったり・・・。

でもせっかくのいい素材なので、部外者の意見に左右されず、
自分自身にとって悔いのない決断をしてほしいと思います。


p.s. 全然関係ないけど、モガベーベイスターズとかってなんか嫌だな。
  言えてないしcoldsweats02

|

« ハウスウォーミングパーティー | トップページ | バースデイ・イブ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/53131028

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフトについて:

« ハウスウォーミングパーティー | トップページ | バースデイ・イブ »