« 24時間リレーマラソン 2011 番外編 with イチロー | トップページ | 有森 裕子さんの講演 »

2011/08/03

日本一のマグロ船から学んだ! 組織をよりイキイキさせる仕事術

社内のイベントで齋藤正明さんの「日本一のマグロ船から学んだ!
組織をよりイキイキさせる仕事術」という講演を聞いた。

事前に配布されていたプロフィール写真はキリッとした顔立ちで
スーツを着て写ってられたので、出来るビジネスマン風かと思いきや
しぐさや声は若干さかなクンが入ったような感じで
一瞬、「この講演大丈夫か?」っとちょっと心配したが、話の中身はまさに目から鱗!
とても参考になるいい話だった。

という事で、なんのこっちゃわからないと思いますが備忘録です。


マグロをたくさんとる秘訣
→自分だけの力だけではダメ。 みんなでカンニングする方が大事。
(情報共有とコミュニケーションの重要さ)

○出来ない船長は「人を素直にほめる」→自分を認めてくれる。
  ⇒結果よい人が集まる。
×出来る船長は部下を敵にしてしまう可能性あり。

一歩先(となりの人)をわかる事。 人を生かす言葉の重要性
十歩先の言葉は「注意」になってしまう恐れあり。→やる気をなくす。

人はテクニック(理屈)では動かない。
人は「感情」で動くもの。 人は感じて、動く。 だから「感動」

「言葉」とは贈り物である。


労働時間は1日約18時間。重労働でしかも単調。
一人あたりのスペースは2mもない。
一度出港したら45日間は陸に上がってこれない。
しかも船酔い・・・
そんな超劣悪な労働環境のマグロ船でいかに結果を出し、
みんなで幸せになるかというある意味体験談的な講義。
面白かったし、しかもためになるいい話だった。

今度、齋藤正明さんの本を読んでみようかな。



|

« 24時間リレーマラソン 2011 番外編 with イチロー | トップページ | 有森 裕子さんの講演 »

講演・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/52383746

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一のマグロ船から学んだ! 組織をよりイキイキさせる仕事術:

« 24時間リレーマラソン 2011 番外編 with イチロー | トップページ | 有森 裕子さんの講演 »