« 出張難民となった長い1日① | トップページ | 出張難民となった長い1日③ »

2011/03/13

出張難民となった長い1日②

地震が起こってしばらくはケータイの通話とネットは
ほとんど機能しなかった。 (ネットを過信しちゃダメですね)
そこで活躍したのがワンセグ。
ワンセグテレビからの情報で、巨大地震の情報を知ったし、
鉄道が止まった事も知った。
普段あまり使わないワンセグは今回大活躍だった。

その後、しばらくするとネットが安定してきた。
そこで活躍したのがTwitter
周りからピンポイントの情報を刻々と得る事が出来たし、
こちらから発信出来た事は大きかった。
Twitterを通じて、色々と情報を送って皆様、この場借りてお礼致します。

途中、ケータイの電池が持たないな~っと思い、
慌ててコンビニに乾電池で充電できる充電器と電池を購入。
これも今回大いに役立った。  いい教訓だ。

この日、当初は大学時代の友人と飲みに行こうと
待ち合わせをしていた。
何回電話をかけても、発信出来ず。(発信規制がされていた為)
しかしその友人からも何回も電話をかけてくれていて、
何十回目かでやっとつながったらしい。 
とりあえずお互いの無事を確認。
鉄道系が動かなくなった事でその友人の会社では移動が制限されたようで、
会社に泊る事になったそうだ。


その日、ホテルの待機所で一夜を過ごす事になった。
暖も取れるし、トイレもあるし、待機所としてはかなり恵まれていたが
やはりほとんど眠れなかった。
その夜、東京でも何度か体に感じられる地震が起こった。
(多分、震度1~3ぐらい)
あと、気持ち悪かったのはケータイの緊急地震速報のアラーム。
ホテルの待機所には100人以上が待機していた。
そのうちの何台かのケータイから同時に発信されるあのアラーム音。
地震のアラームだからしょうがないと言えば、しょうがないがかなり
気持ちが悪かったのは確かだ。

災害の現地はもっと大変なんだろうな~
こっちはまだいいほうだ!と思いながら、夜明けを待った。

|

« 出張難民となった長い1日① | トップページ | 出張難民となった長い1日③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/51107206

この記事へのトラックバック一覧です: 出張難民となった長い1日②:

« 出張難民となった長い1日① | トップページ | 出張難民となった長い1日③ »