« 出張難民となった長い1日③ | トップページ | 四十九日 »

2011/03/19

STOP PANIC BUYING

スケダチの高広伯彦さんが「STOP PANIC BUYING」というポスターを配布しています。

いわゆる「買いだめ・買い占め」に対する自制を促すポスターを配る運動です。

例えばこんなのです。
Stop_panic_buying


関西では首都圏で起こっているような「買いだめ・買い占め」はありませんが
いつそういう事態が起こるやもしれません。
少しでもそうならないために、ブログに掲載することにしました。

下記のPDFは色んなバージョンのポスターが見れます。
是非見てみてください。

意味のない「買いだめ・買い占め」はしないように
自制したいと思います。

● STOP PANIC BUYING (pdf)
http://files.me.com/noritakahiro/ng5148

(ダウンロードしてください)

以下は高広さんからのメッセージをです。


地震から一週間が経ちましたが、皆さんは普段の生活に戻られましたでしょうか?
阪神淡路大震災を目の当たりにした自分としては、一日も早い被災地の復興を祈るばかりです。

さて、数日前より facebookページをベースにしながら、「STOP PANIC BUYING」という
簡単なポスターを配っています。

いわゆる「買いだめ・買い占め」に対する自制を促すポスターを配る運動です。

facebookページ
http://www.facebook.com/STOPPANICBUYING
※facebookに入ってなくても、ログインしなくても見れます。

STOP PANIC BUYING (pdf)
http://files.me.com/noritakahiro/ng5148

非甚大被災地外で起こっている、買いだめ・買い占めの実際は、

[都内で買い占めが起こる]→[被災地に物資が行かない]、というよりも、

[被災地優先で物資が行く+一部流通量が減っている]→
[店頭に商品が少量しか入らない]→[すぐに商品がなくなる]→
[店頭に商品がないように見える]→[少しだけしかない商品をみて焦って買ってしまう]
→[買い占めてるように見える]、です。

また、このような状況なので、「ちょっと多めに買っておこう」という気持ちの人が増えてしまうと、
例えば10人がいつもより10%多い買い物しただけで店頭から在庫が消える、、、
ということもありえます。


立ち上げ趣旨を書いておくと:

(1)非甚大被災地域での「足元」の混乱を防ぐ~そのなかの一つとして
   買い占め・買いだめに対する意識を高める、ということももちろんありますが、

(2)非甚大被災地域の人たちの「何かをやりたい」というキモチを昇華すること、

(3)自分で店舗に足を運ぶことでナマの情報を聞いて理解すること、
   他、にあります。

貼り出し先は必ずしも店舗だけとは考えておらず、マンションの掲示板・職場・学校などでも
構わないと思ってますので、surveyml参加の皆さんで「買いだめ・買い占め」が気になる方が
いらっしゃいましたら、ぜひお使いください。


高広伯彦

|

« 出張難民となった長い1日③ | トップページ | 四十九日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/51158753

この記事へのトラックバック一覧です: STOP PANIC BUYING:

« 出張難民となった長い1日③ | トップページ | 四十九日 »