« 母 | トップページ | 多系統委縮症 という病 »

2011/02/26

お別れの日

その日は突然やってきました。

ちょうど地下鉄の中にいて、しばらく妹からの電話とメールに
気が付きませんでした。
大量の着信履歴を見た瞬間、「やばい」と思いましたが時すでに遅し。
妹に連絡をすると「ついさっき亡くなったとよ・・・」との返事でした。
あまりにも容態が急変したため、父と妹も最後には間に合わなかったそうです。

母の性格を考えると、きっと最期の姿を家族には見られたくなかったんだろうな~
家族が悲しむ瞬間を見たくなかったんだろうな~
そんな事を今にして思います。


慌てて帰宅し、新幹線に飛び乗りましたが、
地元福岡の到着は18時過ぎ。 
母は既に棺の中で、お通夜のお経が始まったところでした。
(日程が悪く、この日にお通夜、翌日が葬儀という日取りに
 なってしまいました)

この4年間、いつかこの日が来る事を覚悟していたので
正直、電話で訃報を聞いたとき、あまり実感がありませんでした。
でも斎場に大きく書かれた母の名前を見た時、妙に悲しくなりました。
母の遺影もなんとなく寂しそうな顔つきでした。

お焼香の時にやっと母の顔を見ることが出来ました。
病院のベットで寝ていたときの苦しそうな顔ではなく、
「ほら! はよ起きんね!」って声をかけたら
今にもぱちっと目を覚ましそうなそんな安らかな寝顔です。

ちょっとふっくらとしてやさしそうで綺麗な寝顔だったので
少しほっとしました。

実はイズミソはこの時初めて、医療器具をつけてない母の顔を見ました。
「綺麗なお母さんやね~」とつぶやいてくれました。

病院の先生や看護師さんが母の体に負担がかからないような
治療を続けていたとの事で、改めて感謝です。

その夜、父とそして母と斎場に泊りました。
父とはうだうだと昔話をしていました。
一回床に就きましたが結局眠れず、母の顔を見ながら
母との思い出に耽っていました。

翌朝、
俺は少しだけ眠れたようでした。
父はその日、ほとんど眠れなかったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日、慌しく葬儀関連の一連の儀式が終わりました。
大人になって初めて?!人前で大泣きしました。
全く予定外でした。
超泣き虫だった子供の頃に戻ったような気がしました。
当時、その事で母からよく怒られていましたが、
でもこの日ばかりは許してくれるんじゃないかと思います。


あっという間の1日でしたが、もう何日も経ってしまったような
前日に本当に母が亡くなったとは思えない、そんな長い1日でした。

|

« 母 | トップページ | 多系統委縮症 という病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チャッチさんへ

ご質問の件、直接メールさせて頂きました。
参考になればいいですが・・・。
ご確認ください。

                 トム

投稿: トム | 2011/03/26 11:12

友人がつい先日、多系統萎縮症と診断され、はじめてこの病気を知りました
調べていてブログに行き着きました
お母様は福岡の病院にかかっていらしたのでしょうか、病院名を教えて頂けませんか?
宜しくお願い致します


投稿: チャッチ | 2011/03/26 00:33

 地元が同じ福岡ということもあり、なおかつ母が同い年ということも重なり、他人事のような気がしませんでした。
 お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
 
 

投稿: トモ | 2011/02/28 00:59

心から…お悔やみ申し上げます。
これからもお母様はご家族の幸せをずっと見守って下さると思います。
どうぞ、お疲れの出ませんように。

投稿: ゆん | 2011/02/27 04:16

5年間頑張ったお母様も、それを見守ったご家族の方もお疲れ様。
しばらくは色々と大変だと思いますが、みなさん体に気を付けて下さい。

投稿: らぐじ~ | 2011/02/26 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/50975613

この記事へのトラックバック一覧です: お別れの日:

« 母 | トップページ | 多系統委縮症 という病 »