« らくだばでだらだらと・・・ | トップページ | 八a八a八aでランチ »

2010/03/18

最初のハードル

私は高校生の時、陸上部runに所属していまして
種目は400メートルハードル(通称ヨンパ)でした。
このハードル、結構高い。(91.4cm)
ほぼ全速力で駆け抜けるので、当然ハードルに足をぶつけたりすると
それはもう悶絶ですcrying
膝や脛になんど青あざを作ったことか・・・。

ヨンパを走ったことない方は知らないと思いますが、
実は歩数footを数えて走っています。
何故かというと、ハードルを踏み切る時、やはり利き足があって
右足なら常に右足で踏み切りたいから。
スタートして最初のハードルまでが45M。
ここを俺の場合は確か21歩で走れれば、疾走状態でちょうど右足で
踏み切れる。しかも踏み切りと着地がベストな距離。
そして次のハードルまでの30Mを15歩で走れるグッドなタイミング。
ちょうど右足で踏み切れ、そしてより加速しながら次のハードルへ
向かっていく。

しかし逆に最初のハードルを21歩で越せないと
踏み切りがずれる、フォームが乱れる、そして大きくタイムをロスする、
もしくはハードルに足をぶつけるなどの事態が待っています。
なので、最初のハードルをいかにタイミングよく疾走できるかが、
そのレースのキーポイントだったりするのです。

・・・・・・

先日、「探検隊の夕べ」に出ました。
何名かの方は探検隊のビギナーさん。
初めてオフィスに来た方はまず最初に探検隊のオフィスの扉を開けるのが
ちょっとしたハードルだったりするそうです。
(妻も最初10分ぐらい躊躇したとか・・・)
でもこのハードルを越えれば、まずはレースの出場権を得たかな?
つまりまずは探検隊の旅に参加できるスタートラインに立てた!って感じです。

そして中村隊長やスタッフの話を聞いたり、写真を見たり、隊員さんの話を聞いたり
して「よし旅に行こう!行きたいな~、行こうかな~」
っとその場ではかなり熱く思う。
既に結論が出てる人はそこで、ツアーに申し込んだりするんだろうけど、
まあそういう人ってなかなかいないんじゃないかな。

で、多くはついつい仕事やプライベートが忙しいかな~とか、
やっぱお金がちょっと合わないな~とか、
なんとなくスケジュールが合わないな~っとかで決断が鈍る。

で、結局、タイミングを逃してしまった人、結構いるのではないでしょうか?

・・・・・・

ヨンパのハードルってかなりタイミングが大事なんですが、
それともう一つ走っていて「よっしゃ!これはいける!」
というフィーリングもものすごく重要なんです。
なんとなくこれだ!と思えるフィーリング。
このフィーリングだけで最後まで走り切れちゃう事だってあるんです。

タイミングとフィーリング、なんだか探検隊の旅を決断する1つのキーポイント
なんじゃないだろうか、と思い、ちょっと文章化してみました。


せっかく旅に出たい、何か新しい事をしたい、何かにチャレンジしたい、
と思った気持ちを何かに託けて、自分への言い訳になっている人へ

先日書いたブログ
「1回のハードルを越えるか超えないかで、人生ちょっと変わってくるかも」
って事を書きました。

タイミングとフィーリングが合えば、新しい事にチャレンジするには
とてもいい季節cherryblossom
その選択肢の1つとして、探検隊の旅は是非オススメです。
この1つのハードルを越えれば、きっと最後まで気持ちよく疾走できますよ。

その爽快感と達成感を多くの人に体験してほしいと思い、
ちょっと誰かさんの背中を押してみました(笑)

探検隊10年選手のトムはそうやって探検隊を応援したいと思っています♪ 


p.s.妻のハードルは「い・く・じ・な・し♪」と言う一言だったそうです。
そんなハードルの越え方は想定外でしたsmile

|

« らくだばでだらだらと・・・ | トップページ | 八a八a八aでランチ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/47845983

この記事へのトラックバック一覧です: 最初のハードル:

« らくだばでだらだらと・・・ | トップページ | 八a八a八aでランチ »