« iPad ともう一つのiPAD | トップページ | 鹿食いは四角い鍋で・・・ »

2010/01/30

「ANA客室乗務員は見た!」を読んで

河合薫さんの『ANA客室乗務員は見た! JAL全盛期の光と影』というコラムが
とてもよかったので、是非紹介したい。

内容は河合さんがCAとして勤務していた頃のJALとANAの違いについて
の事が書いてある。
(ANAが国際線就航2年目ぐらいの頃からの話なので、ちょっとむかしかな~)

当時、「時代はANA」って言われて入ったものの、実は中身は「ダサクてウェットweep
(ダサイって表現がちょっと時代を醸し出してますね(笑))
そしてその影で、JALに追いつけ追い越せとばかりに、
まさに泥臭く、サービスを追求していた。 そして一方JALは・・・。

一方向からの見方なので、これがすべてではないと思うけど、
顧客サービスとは何ぞや・・・という事を改めて考えさせられたとても清々しいコラムだった。

以前、と言っても去年ぐらいの話。
JALのCAが「エコノミーのくせに・・・」っとお客さんの事をバーでボロクソに言っていたらしく
それを聞かされたマスターは「もう絶対JALなんかには乗らん!」って心に誓った
っという話を聞いた事があった。

慢心、うぬぼれ、思い上がり・・・
環境がそうさせてしまったのか、それはよくわからないけど、
自分自身にもそんなところがないかな~っと
ちょっとドキッ!としたりしてcoldsweats02

そうならないように、セルフチェックしないとな~
なんて思いながらこのコラムを読みました。
 
素敵なコラムだったので是非どうぞ。

|

« iPad ともう一つのiPAD | トップページ | 鹿食いは四角い鍋で・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/47429765

この記事へのトラックバック一覧です: 「ANA客室乗務員は見た!」を読んで:

« iPad ともう一つのiPAD | トップページ | 鹿食いは四角い鍋で・・・ »