« 我が家の定番3 パルム | トップページ | 餃子の王将が激熱らしい »

2009/12/06

就活生に告ぐ

先日、会社で就活生らしき人とすれ違った。
「あれ? 今ごろ?」っとも思ったが、あの頼りないスーツ姿は
どうみても就活生。 もう再来年の就職活動が始まっているのかしらん?

しかし10数年前の自分もあんな感じだったのかな?!
もうちょっとまともだったような気もするのだけど・・・。
そんなことを思う俺自身は既にオヤジなのか??coldsweats01


来春卒業の大学生の就職内定率が今のところ63%程度らしい。(09年10月末)
3人に1人はまだ決まっていない計算だ。
こう景気が落ち込むと今後の就職活動もかなり厳しいと思う。
しかしこの内定率の低さはどうもそれだけではないような気がする。


随分前、とある大学教授と会話した内容をふと思い出した。

その教授いわく、
  「最近の学生ははっきり言ってバカだ! 
   学力もそうだが、一般常識を知らなすぎるpout

  「ゆとり世代が特にその傾向が強い。そして来春、そのゆとり世代が
   企業に入社してくるぞ! 企業は相当覚悟した方がいいぞ!」

そのような内容の会話だったと思う。


 今までは企業側もそれなりの「数」を確保してきたと思うが、
こう景気が冷え込むとよっぽどの人材じゃないと採用しないと思われる。
なので、ここ1~2年の就職活動は相当厳しくなるんじゃないかと予想される。
今の大学2・3回生はかなり覚悟しておいた方がいいと思う。
(特に自分が普通レベルかな~っと思っている人ほど覚悟しておいたほうが
 いいと思う)


 先月ぐらいから、今年の新入社員が研修を終えて、各部署に配属されてきた。
一応、うちの会社はIT大手なので、それなりの新人が多い。
多分、それもかなり優秀な部類なのだと思う。
でも・・・
でも・・・。
先ほどの大学教授ほどではないにしろ、
年々その質が落ちてきているような感じがする。ってのは気のせい? 
う~ん。そうじゃなような・・・。


今の学生は自身の質が過去の学生と比べて、
低下してきている事をちゃんと理解しているだろうか??
企業側は毎年、学生を見ているからその違うを理解する場があるけど、
学生側はそれを全く理解しないままいるのではないだろうか?
多分学生の中にいただけでは、それを感じる事は出来ないんじゃないかと思う。

俺のブログを就活生が見ているかどうかは、はなはだ疑問ではあるが、
万が一ここにたどり着いた就活生にいくつかアドバイスを送りたいと思う。
ちょっと偉そうだけど、為にならない事はないと思うので、
頭の片隅にでも置いておいてほしい。

①社会人との接点を増やせ!

 出来れば30代以上の社会人との接点を増やす事が重要。
(自身と年代の変わらないリクルータレベルではあまり意味はなし)
出来ればそれなりの権限を持っている係長~課長クラスがベスト。
何がいいたいかと言うと、実務ベースの判断は多分どの企業もだいたい
このクラスが物事を判断し、その内容を上司(部長クラス)が承認してモノが
決められているだろうから。
と、いう事は採用のふるいわけもまずはきっとこのクラスで判断されているはず。 
なので、まずここをクリアしなければ、次のステップに行けないし
最終的な判断の際も、時に現場の声が響く可能性があるから。 
で、あるならば係長~課長クラスの社会人とのやりとりに慣れて置く事は
結構重要だったりする。

と、言っても普通に学生してたら、いわゆるおじさんとの会話なんて
皆無だと思う。 (俺が学生の時もそうだったし・・・)

なので、とりあえずは
自分の父親とか友人の父親と政治や経済のようなちょっと固めな会話を
スムーズに出来るか、ちょっと試してみるといいと思う。
想定より上の年代だけど、身近な練習台になるのでは?
まずは日経新聞の記事あたりから、ネタ探ししてみるといい思う。
ちなみに大学の先生はあまりオススメしません。 
理由は意外と実社会(現場)を知らないから。
就活対策には向かないと思う。

②色んな業種を見てみるべし。

 せっかく就活生として、企業を訪問できるなら毛嫌いせず、
色んな会社の人と会話してみるべきだと思う。
①の社会人との会話の練習にもなるし、業種、業務、企業、職務など
会う人のジャンルが違うだけで、その会社の印象もかなり変わってくると思う。
出来れば、人事担当の以外の人と会話できるといい。
(人事の人間は学生との会話に慣れすぎている可能性があるから。)
営業とか開発とか普段学生と接する機会が少ない職種の人と会話できるのが
ベスト。人事採用の責任がないので以外に気楽。いい情報が入手できるかも)

③訪問する会社の下調べはしておこう。

 今は昔、面接で「うちの会社の今日の株価はいくらだっけ?」と言われ、
答えられず、撃沈した友人を知っています。
ちなみにその会社、上場していませんでした(笑)

そうそう、意地悪な質問はないと思いますが、あまりにもその企業を知らないと
必ず自爆します。 
(自分が入社しようと思っている会社をイメージだけで判断するのは危険です)
その会社が何で儲かっているなのか? どんな仕事してるのか? 年商は?
ライバル会社はどこ? など調べていると意外なところでポイントを上げられる
かもしれません。 
四季報ぐらいは読んでおくべき。 
財務諸表まで読めれば素晴らしいのだけど。
(未上場企業はこれらの情報が取り難いのが難点ですが・・・)


ほかにも色々ありますが、まず思いついたのははこんなとこかな~
今から就活する人にとっては、5ポイントぐらい上げるぐらいしか
役に立たないかもしれません。 
でも今、大学2回生の人がこのような事を日々意識していたら、
自身の就職活動でかなり有利に動けるんじゃないかと思います。


すれ違った就活生を見て、ふっとそんな事を思ったので、
ちょっとブログに書いてみました。

ちなみに私は人事担当ではありません。
元々営業をやっていたので、そのような観点から話をまとめてみました
何か参考になればいいですが・・・。

就活は学生生活の終わりの始まり。
長丁場になると思いますが、頑張ってください。 
Godd luck!! 

|

« 我が家の定番3 パルム | トップページ | 餃子の王将が激熱らしい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/46950258

この記事へのトラックバック一覧です: 就活生に告ぐ:

« 我が家の定番3 パルム | トップページ | 餃子の王将が激熱らしい »