« 京都ノスタルジックツアー その2 | トップページ | リフレッシュ休暇中 »

2009/06/04

京都ノスタルジックツアー その3

愛宕ケーブル山頂駅・・・sign02

そんな駅、地図で探してもどこにもありません。
それもそのはず。
なんせ昭和19年に戦争の波にのまれて廃線された駅ですから・・・。

当然建屋は廃墟です。 歴史を感じます。 
お天気もよく、こんな大勢でいるからみんなはしゃいでいますが、
夜一人で来たら、絶対見てはいけないものが見てしまいそう。
そんな感じです。

Haikyo

お約束の記念撮影。
チーズの代わりに「はい 廃墟!」の掛け声(笑)

Kyuatagoeki

ちなみにこちらが在りし日の愛宕ケーブル駅の写真
ある意味深いですね。


ここでお昼ご飯を済ませ、もうひとつのポイント、愛宕ホテル跡に向かいます。
と、言ってもホテルの面影はありません。
うっそうとした森の中にある古代建造物って感じです。
 
Atagohotel
(写)旧愛宕ホテルの玄関だったとこらしい。
入り口はタイルが敷き詰められていた。

Kyuatagohotel

で、こちらが当時の愛宕ホテル。
入口の階段に面影がありますね。

Kyuatagohotel2


ここはある意味遺跡と言い張ってもいいかもしれません。
60年の歳月。栄枯盛衰を感じます。
まさにノスタルジックですね。

この後、下山するのですが、帰りはケーブル線の跡をひたすら下ります。
途中トンネルが6つ。 そのうち倒壊したトンネルが2つ。
倒壊したトンネルは通り抜け出来ませんので、
迂回ルートを使って下っていきます。
そこが今回の工程の最大の難所です。
Kudari

(写)これが迂回ルート。かなりの急勾配。やばい・・・

でもその割りにはみんなギャーギャー言いながら楽しんでいたのがよかったです。
でも手や靴やお尻はドロだらけになっていました。

Senroato

こんな線路跡を下山。
苔が生えていたり、湿っていたり、落ち葉が積もっていて
足場がよくありません。 滑ってこけないように恐る恐るの下山でした。
さすがに2度目の骨折は洒落にならんから・・・coldsweats01

下り約2時間の工程もみんなケガなく下山。
探検隊Team関西のビックイベント、無事終了で、
めでたしめでたし。

今回は下見&当日がっつり仕切ってくれたしの&みやっちに感謝です。
どうもありがとう!!


しかし足がパンパンに筋肉痛。 未だに体がC3-P0状態です。
い、痛い・・・。weep

|

« 京都ノスタルジックツアー その2 | トップページ | リフレッシュ休暇中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

駅もホテル跡も木々が鬱蒼と茂っていて「森の中」って感じでしたけど、当時は木も背丈が低くてすっきりしていたんですね~。

トムはC3-POになってますか(笑)
私はペンギン歩きになってます。

投稿: ゆり | 2009/06/05 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/45236563

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ノスタルジックツアー その3:

« 京都ノスタルジックツアー その2 | トップページ | リフレッシュ休暇中 »