« らくだ来阪 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »

2009/01/20

過去と他人は変えられない。でも未来と自分は今からでも変えられる!

今日、会社でストレス・マネジメントの研修を受けました。
この忙しい時に・・・っと今朝、講義を受けるまでかなりネガティブだったの
だが、実際受けて見るとかなり充実した内容でとても勉強になった。
過去、研修で受けたコーチングとかアサーションとかとも話が
繋がっており、もう少し深く掘り下げてみたいな~っと思いました。

と、いうことで今日のサマリーを備忘録にしてみました。

<ストレス・マネジメント>
・アートセラピー
・バランスと折り合い
・うつ ⇒ 脳の病気(代謝病) シナプスをつなぐセロトニンが出なくなる。
・脆弱性ストレスモデル
○ストレスの原因(ストレッサー)
・物理的・化学的・生物的 =比較的対処しやすい
・社会的・心理的 =対処が難しい。
○ストレスの分類=社会再適応評価尺度
○ストレスの現状認知:下記の症状が2W続くかどうかでチェック
・身体的症状(偏頭痛、神経性下痢、あごが痛い、じんましん、めまいetc)
・精神的症状(孤独感、悲壮感、涙もろい、悪夢、もの忘れetc)
・行動的症状(ケータイに出ない、社交から身を引く、持続的疲労etc)
・素人が勝手に簡単に判断しない=専門家でも判断が難しい
・偽陽性
○考え方の癖 ⇒ 感じ方の癖
○認知行動療法の原理
外部の状況 → <認知> → 感情
(自動思考)
・感情が出てこない、感情表現が乏しい、何があっても感情が同じ
・プラス思考はトレーニングが必要。
・イメージトレーニング→否定をイメージしない
・タフネス=自然体であること メンタル・タフネス(ジム・レイアー)
○認知の歪みと修正の10カ条
1.完璧主義思考 2.過度の一般化 3.心のフィルター 4.マイナス思考
5.拡大解釈、6.感情的決めつけ 7.べき思考 8.レッテル貼り
9.個人化・非難 10.結論の飛躍(心の読みすぎ/先読みの誤り)
○人間関係学
過去と他人は変えられない。でも未来と自分は今からでも変えられる。
○自己観察
状況→感情→自動思考・認知の歪み→行動→身体的反応→望み・欲求
→問題解決の為の柔軟思考・適応的思考→心の変化
・ストレス対処行動 Coping
・ストレスマネジメント=アンガ-マネジメント
○感情のコントロール
・積極的タイムアウト・自律訓練(深呼吸)・楽しい事を考える(訓練)
・サインを作る・逆説療法=発散する(ex.サンドバック)
・怒りの感情→人よって力の入る場所が違う→そこに症状が出易い

○ストレス病の人への対処
①プライバシーが守られる空間の確保
②客観的事実の伝達
③受診を勧める。
・うつは軽度の時が一番危ない。
・病院の通い始め、薬の飲み始めは注意が必要
・最近はいい薬があるが合う合わないがあるので注意。
・ちょっとよくなっても自分の判断で薬は止めない(再発多し)
・酒には頼らない(うつの人にはNG)
・うつのメランコリー型と非定形型とは対処方法が異なるので注意


今日の講師は産業能率大学の三好良子先生でした。
三好先生はアイスフィギュアやなでしこジャパンの選手の支援や
テレビやイベントのコーディネーターもしているらしく、
そういう裏話も聞けて面白かったです。 

|

« らくだ来阪 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »

お勉強」カテゴリの記事

コメント

すごく興味深い内容でした☆
ちょくちょくコレを参考にさせてもらおうかなって思いました。
感情のコントロールっという所。
yaroは苦手なので、それを克服したいなって思います。
さっきコメント書いたら消えちゃったwobbly
なんでやろうdash
今回は表示されますようにっ☆

投稿: yaro | 2009/01/21 14:11

すごく興味深い内容ですね☆
コレをちょくちょく読ませてもらおうって思います。
特に感情のコントロールってやつが、気になるっ。
yaroは思い立ったらすぐ行動したくなる方で、でも必ずすぐ動けない時もあるから、そんな時にコントロールできたらなって思います。
あ、ストレスとちょっとテーマそれちゃったかな^^;

投稿: yaro | 2009/01/21 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/43802847

この記事へのトラックバック一覧です: 過去と他人は変えられない。でも未来と自分は今からでも変えられる!:

« らくだ来阪 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »