« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/29

Macbookでワンセグを見る

MacにもWindowsにも対応のワンセグチューナーを見つけました。
聞きなれないメーカーでしたが、思わずネットで衝動買いしてしまいました。

火曜日の夜に発注して、木曜日に到着。 
こういう早い対応はうれしいですね。

早速、箱を開封する。 パッケージはかなり質素です。

こんな感じ。
Pctv1


USBのワンセグチューナー。めちゃちっこい。
見た目おもちゃです。 たいした取説もありません。
こんなんで大丈夫?

気を取り直して・・・。

1.開封して、モノの確認。
2.添付CDでアプリをインストール
3.ワンセグチューナーを装着。
4.ヘルプ画面で操作を確認

いざ、スイッチオン!

・・・スキャン中

・・・バッファリング中

・・・・・・

おおー ちゃんとTV映りました。
データ放送もバッチリ!
アンテナを換えれば、かなり感度も良好です。
これは使えるかも?!

Pctv2

↑Macの左側にあるアンテナがワンセグチューナです。

Pctv3

↑こんな感じで映ります。
 これが標準サイズ。 
 画面を大きくできますが、画像が粗くなるのでこれぐらいが限度かと・・・。


もちろん録画が出来ます。
(iEPG専用ブラウザからも予約できます)


実は本当はMacbookでワンセグを見たかったわけではないのです。
この先にある本当にやりたかった事があるのです。
次に続きます。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/23

流星の絆

今、ドラマでもやっている「流星の絆」
(ドラマの方は全く見てません)
ドラマが始まる前には購入していましたが、なかなか読み進まず、
つい先日、やっと読み終えました。
内容はそれなりに面白いのですが、のめり込むって感じではなかったです。
まあまあかな?!

今日スーパーでこんなのを発見。
流星の絆<特製ハヤシライス>
Hayashi_2

ハウスさん、うまいことやってますねhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

This is your victory

今、オバマ新大統領の勝利スピーチの映像を繰り返し見ています。
This is your victory
このCNNのサイトでは映像とスピーチ原稿が掲載されているので、
ちょっとした英語の勉強にはいいかな~っと思ったからです。

最近、こんな本を買いました。 
「オバマ演説集」

オバマさんのスピーチには人をひきつける何かがあると思います。
この本では、オバマ流スピーチの秘密ということで
1.「実演」
2.「再現」
3.「イデオグラフ」
という3つのキーワードでスピーチのテクニック(レトリック)が解説されています。

オバマさんのスピーチのうまさはこういったテクニックによるところも
あるのだと思いますが、やはり演説している内容の素晴らしさと
それにかける情熱がなれけば、こうまで人を魅了する出来ないのではないかと思います。


かたや日本の政治家ときたら・・・。
大人と幼稚園児ぐらいの差がありますね。 
ある意味悲しい・・・というか情けないですbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/21

米を炊く

数年ぶりに自分でご飯を炊いた。
たんけんたい米を頂いたからだ。

炊飯器を持っていなかったので、今回改めて購入した。
炊飯器¥4,980也 

今まで「2分でご飯」をレンジでチンして済ませていた。
まあそれなりにおいしいし、何より後片付けしなくていいから
重宝していた。(特に怪我をしてた時はかなりお世話になった)

しかし、やっぱ新米には勝てないね。
味が格段に違う。
グルメじゃない俺にでも、はっきりとわかる。
お米は実は甘い事を・・・。

今夜のおかずは、
目玉焼き、シャケフレーク、余っていた冷食コロッケ、そして味噌汁。
一見、淡白なおかずだが、まさにこれだけで十分。

これを機会に男の料理に目覚めようかな?

って、目玉焼きしか作ってないやんけぇー(笑)


p.s.たんけんたい米、ちゃんと購入すればよかった・・・。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

「旅」で地方を活性化できないか? 

奈良の十津川村、沖縄北部の楚州、新潟の魚沼。
この3つの場所の共通点はなんでしょう?

答えは自分がここ数年、「旅」として行ってきた場所です。
そしてもう一つの共通点は、いずれも過疎化している地域であることです。


十津川村ではなびきウォークを、
沖縄では「歩く」をテーマにした旅を、
魚沼では雪合戦を、
それぞれ体験してきました。

別に過疎地に興味があって行ったわけではありません。
一応、そこにはイベント企画があり、きっと楽しい思いが出来るだろう! 
きっといい出会いがあるに違いない、と思って行ったそれぞれの場所です。
そしてどれも期待以上の楽しい思いそしていい体験をする事が出来ました。
うまいご飯やいい温泉、地元の人との触れ合い、そしてテンション上がるアクティビティ
などなど、本当にそれぞれがいい思い出だと思います。

しかし、一方では
過疎の村の将来を危惧する十津川村の村長の思い、
廃校になった学校を宿泊施設として再生しようとしている新城さんの思い、
5年前は2000人いた人口が今では1200人しかいないと嘆くモリタさんの思い、
それぞれの思いをお聞きする事になりました。

楽しい思い出と過疎地の重たい現状。 
このギャップ、なんか今の日本、今の地方を象徴しているような気がしてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、椎名誠さんの講演でこんな話を聞きました。

アラスカでは地元の人はわざわざオーロラを見るために、夜中起きて空を見上げるような
事はしません。 だいたいそんな時間に起きて、空を見上げているのは日本人だけだそうです(笑)

モンゴルの遊牧民は、花には全く興味がないそうです。
日本人にとってはあまりにきれいな花なので、その花の名前を聞くそうですが、
現地の人はそれに答えられなくて困るそうです。花は花なんだそうです。 
でも、彼らは草には興味があります。 それは家畜のえさになるからです。 
花より草の方が重要なのです。
しかし当然、日本人にとっては草はただの草。なんの価値もありません。

沖縄の人は海にあまり興味がないそうです。 海は泳ぐものではなく見るものだと。
もしくは酒を飲む場所だと・・・。(笑)

この違いはいったいなんなのか? 
椎名さんいわく、ようは「価値観の違い」なんだそうです。

目の前にふんだんにあるものに関しては大して価値を感じない。
しかし普段、見ることが出来ないモノ、珍しいモノ、日常とは違う体験、に関しては高い価値を感じる。っと。

しかしこの価値観の違いが「都市と地方」「日本と世界」の色々な問題の
根本原因の1つであるとおっしゃっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十津川村でおむすびをにぎってくれたおばあちゃんが言いました。
おばあ:「こんな田舎にきて何が楽しいんね?」
俺:「ここには素晴らしい自然とおいしいおむすびがあるよ!」

うれしそうに笑ってくれていましたが、どうも腑に落ちない。そんな感じの表情でした。

価値観の違い。そしてギャップ。 一言では片付けられない大きな溝。
体験し、体で感じないとなかなか理解できない事なんだな~と感じます。


でもこれを埋める1つのキーワードは「旅」なんじゃないかっと
最近強く感じます。
旅行ではない「旅」 
体験する。感動する。共感する。出会う。つながる。
都市と地方が、そして日本と世界が「旅」を通してつながる。
「旅」は都市と地方、日本と世界、日常と非日常をつなげる掛け橋。
「旅」というツールが「都市と地方」「地方と地方」そして「地方と日本と世界」
をよりよくつなげていくんじゃないか?
そんな気がしています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

実はこの文章、もう何ヶ月も前に書いたモノです。
(ちょうど隊長の本が出た直後ぐらいだと思います)
文章としては、それなりにまとまっていると思うのですが、
タイトルの「旅」と言う部分。そして最後のまとめの部分、
特にこの「旅」というキーワードを俺が使うのは本当に適切なんだろうか?
もっと違う言葉があるんじゃないか?
妙な違和感がある。そんな気がしていたので、ブログにアップしないまま、
しばらく時間が立ってしまいました。


ちょうど「チェンジメーカー」という本を読み終えました。

ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)についてを書いてある本なのですが、
この本を読んでいて、ふと上に書いた文章を思い出しました。

今ある、さまざまな社会問題と自分自身の現状とのギャップ。
海外に協力隊として、頑張って来た、頑張っている、そしてこれから旅出つ友人と
今、普通に淡々と?!仕事をしている自分自身とのギャップ。
何かをしようと思っていても、何もしていない、何も出来ていない。
なんか自分一人だけ取り残されているような・・・。
最近、そんな気がするようなしないような・・・。
(どっちやねん!!って自分でもよくわかりません)

と、言うところで思考が止まってしまいました。

ここでタイトルのキーワードに戻りますが、私の場合きっと「旅」だけではないような
気がしています。 「旅+α」
この「α」の部分が、イベントだったり、ビジネスだったり、もしかしたら教育だったり
するのかもしれませんが、今はまだ答えを持っていません。
この答えを見つける事が思考停止している次のステップのヒントになるのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/16

神戸収穫祭

ここ数年恒例になっている地球探検隊神戸交流会。
今年は神戸収穫祭として開催され、昨日参加してきました。
今年の2月に雪合戦をしに行った新潟魚沼
そこで隊員メンバーが交替で田植えから稲刈りまでを行なって収穫した通称:探検隊米を
みんなで召し上がろう!って言うのが今回の趣旨です。

2月に行った時にも思いましたが、やっぱ新潟の米ってうまいね。
しかも新米。しかも天日干し。 お米が甘いです。
現地でも食べ過ぎましたが、今回も予想通り食べ過ぎました(笑)
ご飯の国の人だもの。 これこそ日本人至福の喜びの1つですね♪


久々にイベントの場に参加したので、会う人会う人、「足大丈夫ぅ?」
っと聞かれました。 皆さんにご心配お掛けしました事お詫びいたします。
一応、二足歩行までは出来てますので大丈夫です。bleah


Tankentaimai_2

p.s.
1人1kgづつ頂いた探検隊米。
でもうちには炊飯器が無いんです。 これを機会に炊飯器ぐらい買おうかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/14

呼吸チョコ

しっとりカリーせんべいを買ってきてくれたみかりんがコメントに
書いてくれた「北新地 呼吸チョコ」 早速購入しました。

Kokyucyoko

何故に関西だけ?っと思ったら、なんとお菓子のマルシゲのオリジナル商品。
(関西にあるお菓子専門のフランチャイズです)
しかもこのマルシゲ、うちの会社の近所にあり、実はよくお世話になっているお店。
でも全くこの商品に気づいてなかったcoldsweats02

お値段¥580っとマルシゲにしてはちょっと高めですが、
北新地といえば、関西有数の歓楽街。
きっと高級ラウンジ辺りにも採用されているであろうパッケージング。
お味もティラミスチョコっと言う事でかなりお上品な味。
なかなかGOODです♪

うちの会社の女性陣はさすがにこの呼吸チョコの存在は知っていたそうですが、
ちょっと高めだから、買うのを控えていたとか・・・(笑)
おすそ分けしたら、大変喜んでくれました。
トム株、連日の急騰です(笑)

新たなる大阪名物の発見。
大阪土産には最適かと思いました。 
いつぞやの上京の際に持参致しますので
お楽しみに♪

追記:08.11.17
芸能人の誰かがこの呼吸チョコの事をブログに書いていたっという話は
耳にしていたのですが、その正体が小林麻央さんのブログとは知りませんでした。
お店のPOPでこそっと宣伝してました(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/12

インド人もしっとり?!

四万十川ツアーの時、みかりんが買ってきてくれた「しっとりカリーせんべい
何故か関西では売っていないので、今回の京都ツアーにかこつけて
買ってきてもらいました。

なんと言っても「インド人もしっとり」というキャッチにやられました(笑)
そしてこのちょっとB級っぽいカレー味。 たまりません!
ビールのおつまみに最高です。

翌日、会社に持っていき、うちの女性軍にちょっとづつおすそ分けしたところ
大絶賛! トム株が急騰しました(笑)

これ、かなりオススメですよ。
是非ご賞味くださいませ。

Karii_4


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/11/11

着物で京都

翌日曜日。
今回の旅のメインは着物を着て京都を練り歩く事。
っと言う事でメンバー10名で着物姿に変身♪
こんな感じになりました。

Kimono2_2


さすがに10名で歩くと目立つようで、
何人かの外人さんから写真を撮られましたhappy01
着物なんて七五三以来かも?!
最初はなんか照れくさかったけど、慣れると着物っていいですね。

勢いで清水寺と高台寺を歩いてきました。
草履での移動はちょっとしんだかったけど、
いつもとは一味違う京都を体験できました。

お世話になったお店は「レンタル着物 岡本
女性は¥4,700-、男性は¥4,200-
意外にお手軽価格だと思いませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/10

Team おかえり in 京都

この週末、夏に四万十川に行った「Teamおかえり」メンバーを引き連れて
京都観光をしてきました。 
あいにくの雨でしたが、がっつり京都観光してきました。
やっぱり秋の京都はいいですね。

東福寺
初めて東福寺に行きました。
マイナーなお寺かと思いきや、結構観光客多かったです。
紅葉も始まっていて、いい感じでした。
Touhukuzi


●お昼は豆腐
やっぱこの季節の京都といえば、お豆腐でしょう!
っということで昼から湯豆腐です。 美味!
行ったお店は「とうふ処 豆雅傳

●詩仙堂~八大神社~圓光寺~曼殊院
午後からは一乗寺駅から曼殊院方面を散策。
この辺りは街よりも若干標高が高いせいか、気温も1~2℃寒く
それに合わせて紅葉もなかなかいい感じでした。
観光の中心地からは多少離れているので、人も少なめ。
静かに紅葉を楽しむならここはオススメですね。
Sisendou

一乗寺中谷
小腹が空いたので、和モノ系スイーツを頂きました。
俺が食べたのはわらび餅パフェ♪ (実はわたくし、パフェ好きです)
*ここは結構人気店らしいです♪

●町屋ステイ
本日の宿泊は京町屋の懐古庵でした。
実は今年の春に行った事があったのですが、その時は宿泊しませんでした。
でも雰囲気はわかっていたので、企画段階で候補が上がった時点で
トム推奨ということで、晴れて町屋に宿泊出来ました。
今回の部屋はキッチン付の部屋を予約できたので
みんなで鍋を舌鼓しました。 
いつの間にかお鍋の季節ですね♪

みかりんの誕生日ケーキに、サプライズゲストミキの来場による
モリケンヒートアップなど、夜中の2時ぐらいまで盛り上がりました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/11/06

Yes we can !!

昨日、圧倒的な大差で次期アメリカ大統領にオバマ氏が決まった。
あのお祭り騒ぎをみているとなんか、ベルリンの壁が壊れた時を思い出した。
なんせ黒人初の大統領、しかも歴代初、軍歴のない大統領らしい。
黒人の大統領はハリウッド映画で既に描かれているから違和感なかったけど、
アメリカ軍の最高司令官が黒人、しかも軍歴がない・・・っていうのは
かなり抵抗があったんじゃないかと・・・。
アメリカとしてはそれだけの覚悟をもったチェンジなんだと思う。

当初からオバマvsヒラリーで盛り上がったアメリカ大統領選挙。
それでもエグゼクティブ層はマケインが勝つと思っていたらしい。
理由はオバマとヒラリーで真っ二つに割れた民主党は
意思統一できず、票が分散するから、という読みだったらしい。
しかし結果はマケインの惨敗。 
いくらエグゼクティブの読みでも外れる時ははずれるもん。
今の金融危機もある意味そのエグゼクティブが引き起こしたようなもんだしね。


オバマ氏の演説はとてもわかりやすい。そして希望に満ちている。
英語がわからなくても、なんとなくその気持ちが伝わってくる(気がする)
徹底した草の根活動で、庶民層、そして特に若い支持者がかなり多いらしい。
しかもオバマ氏はまだ47歳。 
色んな意味で見通しは暗いけど、なんとかしてくれそうな期待を持てる
そんな大統領が誕生したんじゃないかな?


かたや日本。 
麻生でも小沢でもどっちでもいっしょthink
よっぽどアメリカ大統領の決定の方が日本にとってもインパクトが
あるように思う。 悲しい事だけど・・・。
アメリカのあの熱狂がちょっと羨ましいっと思った。

Obama_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

骨折日記 10

11月5日(水)

久々の骨折日記ですhappy01

あの日から95日目、そして手術後82日目。 約3ヶ月かぁ~
ようやく二足歩行も様になってきました。
最初は下りの階段がうまく下りれませんでしたが、
最近はまあまあ普通に歩けています。
でも装具はつけているので、会社に行く時、まだ革靴は履けません。

やはり当初は筋力の低下で、うまく足先が地面を蹴れませんでした。
未だに片足つま先立ちのリハビリは苦痛を伴います。
出来る回数も右足の5分の1以下です。
たった2ヶ月でこんなに筋力が落ちちゃうなんて・・・bearing

残念ながら、まだスポーツを出来る段階ではありませんが、
その場駆け足ならできます。(長時間は無理ですが・・・)
ゴルフgolfの打ちっぱなしの許可は出ました。
無理しなければ、コースもいいでしょうとの事。
この冬のスノボsnowboardも痛くなければ大丈夫かも?っと。
しかし、ランニングrunしばらく控えたほうがいいとの事。
一番簡単そうなランニングにNGが出てしまいちょっとショックですweep

なかなか劇的には回復しませんね~

先日、医療保険の申請をしていた分が支給されました。
治療費の元はとれました。
支払っている時は、保険なんて・・・と思ってどっかで解約しようかと
思っていましたが、いざというときは助かりますね。
初めて保険の恩恵を受けました。 
保険って大事ですね。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/04

暗闇レストラン

NHKの「CHANGE MAKER」という番組をみた。(再放送でした)
世界の社会起業家を紹介する番組だと思う。
(途中から見たので、定かではないのですが・・・)

そこですごいレストランを紹介していた。
通称、暗闇レストラン:「Blindekuh
スイスにある視覚障害者の方が経営するレストランだ。

何がすごいのかと言うと、店内はまさしく真っ暗。
お客さんはその真っ暗な暗闇の中で食事をするというレストラン。
もちろんお客さんは何も見えない。
一緒に来た友人が同じテーブルにいてもどこに座っているかさえ
わからない。 フォークやナイフの位置さえも見えない。
そんな中で食事をするのである。

ウエイトレスは視覚障害者の方。真っ暗な状況なんだけど、
逆にそのウエイトレスさんは真っ暗な暗闇の中がわかる。
店内を完全に把握しているから、見えないけどわかるのである。
見えない事を逆手にとったすごい発想だと思った。

店内の映像は秘密と言う事で、その部分は音声だけだったけど、
みんな楽しそうに食事をしていた。
何せ見えないから、声を出さないと意思疎通が出来ない。
妙に会話が弾むそうだ。
みんな、見えない事を楽しんで食事をしていた。
(こういう感じの外人さんノリって好きだな~)

そしてもう一つ、お客さんはみなウエイトレスさんを頼りにしないと
何も出来ないと言う事。
普段の日常生活とは違い、ここでは立場が逆転。
ウエイトレスさんがお客さんを完全にサポートしてあげているのである。
インタヴューされていたウエイトレスさんが実に楽しそうに仕事をしていたのが
とても印象的だった。

日本では法律の問題やら、色々あってこのレストランを真似することは
出来ないかもしれないけど、発想を変えれば、立場が逆転するんだな~
っと思い知らされて、とても印象に残りました。

Kurayami

テーブルに案内される時はこうやって案内されるそうです。
なんか楽しそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »