« 骨折日記 4 | トップページ | 200×8 »

2008/09/16

最後の授業

「最後の授業」 ~ ぼくの命があるうちに~

夏の暑さやらトラブルやらでしばらく遠ざかっていた読書、秋を目前に再開ですhappy01

と、言う事で前から気になっていたこの「最後の授業」を読みました。
ガンに侵され、余命6ヶ月と宣告された大学教授の最後の授業とは・・・
お涙頂戴的な話では全くなく、あくまで前向き、活力的。
しかも話はうまいし、面白い。 笑いもウィットに飛んでいる!
悲壮感なんて全くなし。 でも現実はちゃんと受け入れている。
「手持ちのカードで、どう勝負するか?」
ちょっとグサッときました。
講師:ランディ・パウシュがどうやって夢をかなえてきたか、どうやってレンガの壁を乗り越えてきたか、
そして人生をどう生き、どう楽しんできたか。 それらを力強く語る姿は感動です。
生きる意味、生きる勇気を与えられるこの作品、超オススメです。

まずは「最後の授業」のDVDを見ることをオススメします。
(YOUTUBEにもアップされています)
その後、本を読んでみて、で、もう1回DVDを見てみてください。
2回目に見たときの方が涙が出ました。

p.s.ランディ・パウシュさんは今年の7月にお亡くなりになられたそうです。
    ご冥福をお祈りいたします。


|

« 骨折日記 4 | トップページ | 200×8 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

良いものを教えてくれてありがとうございます。

泣けますね。weep

投稿: はにわン | 2008/09/16 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/42489897

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の授業:

« 骨折日記 4 | トップページ | 200×8 »