« ゲド戦記 | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 »

2008/09/23

王監督退任

初めて王選手を生で見たのは、小学2年生の時の神宮球場でした。
その日、王さんは1試合3本もホームランを打ち、ものすごく興奮した事を
今でも覚えています。

父が巨人ファンだったので、子供の頃の巨人戦の中継はほとんど見てます。
756号のホームランを打ったときも、800号のホームランを打ったときも・・・。
世代的に、子供の頃のヒーローは長島さんではなくて、王さんでした。

低迷していたダイエーに王さんが監督として、来られた時はある意味衝撃でした。
王さんは巨人の人、というイメージが強かったので、王さんがパリーグのしかも
1地方球団に来られた事はプロ野球界にとってはかなり大きな事
だったのではないでしょうか?
王さんが来られなければ、今のパリーグはなかったんじゃないかと思います。

最初はなかなか結果が出ず、生卵を投げつけられたような事もあったけど、
それだけに、初めてホークスが優勝した時はすごくうれしかったです。

そして、なんと言ってもWBC。
日本の選手だけでなく、世界から尊敬されている姿をみて、
しかもその王監督が世界一になって、宙を舞った。 
あれほどうれしい野球の1試合はありませんでした。

それだけに、その後の病気。 
そして復帰してからも、見るからにやせ細った王監督を見ると
ちょっと痛々しい気がしていました。

そして、今日の退任会見。
引退会見の時、確か当時30本近くホームランを打っているのに
何故引退??っとすごく疑問に思いましたが、
今回の退任会見は、王さんが頑張り続けた結果の退任会見
なんだな~と思うと、残念!!と言う気持ちと体、大丈夫かな??
そして、ご苦労様でした。 という気持ちで見ていました。

お願いだから、仰木監督のようにはならないでください。
そして、またユニホーム姿の王監督を見られるように、
ご静養されてください。 

Oukantoku

WBCの時の王監督。 めちゃかっこよかった!!

|

« ゲド戦記 | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/42570387

この記事へのトラックバック一覧です: 王監督退任:

« ゲド戦記 | トップページ | 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 »