« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/31

襲撃

昨夜突然、テツとマキとツバッキーから襲撃(お見舞い)を受けましたhappy02
新城さんのパイナップルを持って。
1個のパインを4人で食す。
食べきれないかと思ったら、あまりのおいしさにペロッと完食。
めちゃくちゃ甘いパインはやはり沖縄の味です。
ここ1ヶ月、ちゃんと掃除出来ていない我が家にわざわざの訪問
ありがとう!!  ご馳走様でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/30

救援物資

Kyuenbussi

先ほど救援物資が届きました♪
一人暮らしの身には非常に助かるモノばかり。
さすがガミ&ゆうこ、わかってるね~(笑)

マナティメンバーを中心とした、メッセージもうれしいです。
どうもありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

骨折日記 2

12日(火)
朝から速攻でM病院に。
左足首頚骨の骨折箇所がずれているとの診断。
通常2mmならギブス、3mm以上なら手術という判断らしいが、
ズレいてる部分が微妙なので、判断に迷う。
関節部にかかるかかからないかの箇所だったので、手術対応の方が
骨がつく可能性が高く、回復も早いだろうと言うことでその場で手術が決定する。
(先生も自分の足なら手術しますって言ってくれたし・・・)
手術の日程は15日(金)決定。前日入院を指示される。
今回の件で一番きれいな病院だったので、ちょっとよかったと思う。

14日(木)
入院初日。AMに病院に行く。
手術前の一通りの検査を行う。 特に問題なし。
その後、病室に案内される。
同部屋には骨折で全く動けない高校生。そしてやっちゃん。
それ風のモンモンが見えてたから多分やっちゃん(笑) 
俺には礼儀正しくちゃんと挨拶してくれた。 こちらも笑顔で返す。

その日の夕食後、絶食が言い渡される。 
夕食は18時。量も少ない。(味は良かった)
あまりに腹が減るので、看護士さんと相談し21時までの食事OKをもらう。
お昼に買い占めたおやつで凌ぐ。

15日(金)
手術当日。 朝9時には絶水がプラス。 水が飲めないのがかなりつらかった。
14時頃の手術開始予定が、15時過ぎまで延伸する。
オリンピック中継で暇をつぶす。
お昼頃から点滴が始まり、15時過ぎにいよいよ手術室に移動。
寝ていたベットで手術室までそのまま移動する。
手術室に運ばれる途中、看護士さんと雑談。
何故か話に盛り上がる(笑) 緊張感ゼロ。
どこに行ってもおばちゃんにはウケがいい。

そしていよいよ手術室に。
手術室に入ると、テレビで見たことがある手術室のライトがこうこうと照らされ
ている。 「おー いよいよ手術か!」 ちょっとだけ緊張。
自力でベットから手術台に移動。
既に手術服に着替えていたが、ここで中に履いていたパンツを脱がされてしまう。
「あーそうなんだ~」 (どうなんだ??)
いよいよマスクを当てられ、麻酔が開始。
しばらく、「えっ この麻酔効いてるの?」と思っていたが、
そう思った後すぐに落ちたらしい(笑) その間1~2分か?
次に気づいた時は、既に手術は終了しベットで寝ていた。 
全身麻酔って術中の痛みがないからいいね。
手術の所要時間は約2時間程度だと思われる。

麻酔あけ、ぼんやりと目が覚める。
妙に音声だけが聞こえてくる。少しづつ意識ははっきりしてくるが
体は動かない感じ。幽体離脱ってこんな感じなんかな??
しかし意識が戻ってくると同時に足に激痛が走る。
めちゃくちゃ痛い。 この瞬間、なんとなく漫画:モンキーターンを思い出した。
「痛いのは生きてる証」
とはいえ、痛すぎるので痛み止めの座薬を入れてもらう。 
しばらくすると痛みが落ち着く。 ほっ!

夜21時頃、その日最初の食事が届く。
食パンとシチューと牛乳だけの朝ご飯みたいな食事。
しかしめちゃくちゃ腹が減っていたので、速攻で完食。 

その日から翌日まで1日点滴が続く。 左腕が妙にうっとうしい。
夜中、何度も尿意をもよおす。
ベットで尿瓶ってなかなか思うようにいかない。その都度悪戦苦闘する。

同部屋のやっちゃんも同じ日のAMに手術だった。
しかし、手術の当日の夜から彼が行方不明になり、ナースセンターは大騒ぎに。
彼いわく、病院では寝れないから、近所の友人の家に行っていたとの事。
タバコを吸いに(あかんやろ!)病院の外に出たが、夜で病院から締め出されて
帰って来れなかったという無茶苦茶な言い訳をしていた。 
心の中で「んなわけねぇーだろ!」と突っ込みを入れてみる。
当然、看護士さんから相当不評を買っていた。
個人的には病室が静かだったのでよかったけどね。
翌日彼は無理やり退院していった。 
「抜糸は自分でする!」という捨て台詞と共に・・・。(意味不明)

16~17日
ベットで終日安静。 オリンピックやっていて暇をもてあそばずに済む。
本当に良かった。 頑張れ日本!にも力が入る。
点滴も終わり、食事もすべて完食。順調、順調。

18日(月)~
AMの回診時、安静を条件に急遽その日の退院が決まる。
入院して5日。そろそろ飽きてきたところ。ちょうどよかった。
シーネ(半ギブスと包帯)で足を固定。 自分でも脱着可能なのがうれしい。

PM家に帰る。 やっぱ我が家は落ち着く。 しかし当然食事は出てこない。
自炊、買い物、掃除、洗濯などなど。 一人暮らしはこれが面倒ですな。
一番つらかった買い物はネットスーパーの活用と共に一気に解消される。
1週間、完全静養に努める。 オリンピックと共に。

21日(木)
退院後、初の通院。
術後、初めて患部を直視する。 
がっつりメスを入れられ、ホッチキスみたいなものでバチバチととめられていた。
不細工な足になったもんだ。

25日(月)~
社会復帰。 さすがに片足松葉杖では出勤不可と判断。 タクシー通勤が始まる。
(松葉杖での階段は危険極まりないので自己回避)
タクシーは楽だが、出費が痛い。 約¥4000/1日は結構な額か。

仕事はみながフォローしてくれていて、大きな支障はなかった。
みんなが気遣ってくれるので、スムーズに社会復帰できた。
人のやさしさにありがたみを感じる。ありがとう!
しかし初日は疲れたよ。

28日(木):事故後26日目、術後13日目
最初にレントゲンを撮る。レントゲンを見ながらの診断。 
レントゲンにスクリューが2本、くっきりと映っていた。
術後の異常はなし。しっかりくっついているとの診断に胸をなでおろす。
ただ残念ながら今日の抜糸はNG。来週に持ち越される。残念・・・。

シーネはどうなるのかと思ったら、今日でシーネがなくなり
装具(足関節サポーター)に変更となる。
しかしこのサポーターは約1万円。高い・・・。 
でも保険適用可なので、後日一部費用返金されるとの事。

今後の予定としては術後、1ヶ月後から徐々に左足に体重をかけていく事になる。
まずは1/3加重。 その後1週間毎に1/2→2/3→全加重とUPされる模様。
この予定で行くと10月3日頃が全加重解禁日。
あと1ヶ月は松葉杖生活が続く計算に。 ハァ~

診断後、リハビリ室に向かう。
今まで足の指を動かしたり、ふくらはぎの筋肉が落ちないような運動をしていたが
今日からサポーターをつけて足首を動かす運動が加わった。
まだ足には腫れもあり、思うように足が動かない。
約1ヶ月も固定してれば当然か。
理学療法士のお姉さんに足のマッサージを受けながら、足首を運動を行う。
まだまだむくみがひどいので、足の指運動はガンガンやってね!との指示。
足首の運動は痛みと相談しながら徐々にやりましょうと言う事になる。

今後は週1の診断、リハビリは週2~3。に決定。
さあ、リハビリ頑張りますか!



| | コメント (3) | トラックバック (1)

骨折日記 1

骨折に泣かされたこの8月、日記風にまとめてみました。

8月2日(土) 15:45頃
四万十川支流の周辺をサイクリング中、水浴びをしようと川に下っていく途中
知らずに土手道をショートカット、斜面を降りる途中、体を支えようと
木に手をついたその瞬間、その木がボキッっと折れてしまう。
それと同時に土手から転落、着地に失敗する。

落ちる瞬間、ゆっくり時間が流れる。
最初の2歩目までは、うまく着地できたので、なんとかいけると思ったが
最後の着地の衝撃をうまくカバーできず転倒。 
見る見る左足首が腫れてきて、激痛が走る。 
「やばい! やっちゃった~」
しかし変な汗はでなかったので、まさか骨折しているとは思わなかった。
腕、足、背中などに擦り傷があるものの、その他は異常無し。
頭を打たずよかった。ツアーのほぼ最後だったと言うこともある意味ラッキーだった。

しかし、そこからは自力で帰るのは不可能と判断、車で迎えに来てもらう。
宿に戻ったが、腫れがひどいのでさっちゃんの指示のもと、そのまま四万十市の病
院に直行、レントゲン撮影を行う。
残念ながら整形外科の先生がおらず、外科の先生が対応。
全治2週間の診断書と湿布と痛み止めをもらって宿まで帰宅。
ここではそんなに重症だとは思いもしなかった。
(後から知った事だが、専門外の医者がレントゲン写真を見ても
 正確には骨折とは判断できないらしい)

8月4日(月)
週明け、家の近所のF病院に行く。
レントゲンとCTを撮影。 正式に左足首の骨折だと診断される。
(正式には左足首内果骨折)
ただここでは手術も入院もギブスもなし。 湿布と包帯だけで対応される。
(初の骨折だけに、こんなもんかな?という判断が後々になって
甘かったと後悔させられる)
病院で松葉杖をレンタルし、松葉杖での歩き方を練習する。
(訓練しといてほんとによかったと後々実感)
翌日から松葉杖で出社。 これが結果的に後々よくないことになるなんて。

5日~10日
その週は松葉杖で出社するも、患部は象の足のように腫れたまま。
そう痛くなかったのであまり気にしていなかったが、松葉杖歩行の疲れから右足が筋肉痛に。
マッサージをしてもらおうと思い、週末に近所の整骨院に行く。

整骨院の先生に事情を説明し、左足首の患部を見せるなり、
「これ、ギブスなしじゃまずいんじゃない??」ということになり、
急遽、F病院のレントゲン写真をゲットし、再度整骨院に。
レントゲン写真を見るなり、整骨院の先生と助手が神妙な顔つきに・・・。

先生:「これ、手術しないとまずいと思う。 なんでギブスもしてないの?」
俺:「そんな事言われても・・・。骨折初めてなんで、こんなもんかな~っと」

緊急でその場でギブスをする事になり、関西医大病院を紹介される。
しかし週末ということもあり、病院はお休み。週明けに病院に行くことになる。

11日(月)
関西医大に行く。 結論から言うと手術すべきだとの判断。
しかしお盆を前に患者が多すぎて、手術対応がここでは出来ないとの事で
関西医大と連携しているM病院を紹介される。 
翌日M病院へ 次回で5医療施設目。 
病院放浪の旅はまだ続くのだろうか??



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/26

ネットスーパー

松葉杖生活で困る事の1つはやはり日常の買い物だと思います。

人間、生きる為には食事もするし、水も飲む。
俺の場合、それらはすべてスーパーやコンビニ、外食でまかなわれてたわけですが
これらがすべて極端に不便になりました。

なんと言ってもスーパーにあるプラスチックのカゴの持ちにくいこと。
松葉杖だと2リットルのペットボトル1本で耐えれる重さの限界に。
なんせ手で体を支え、指で荷物。しかも持ちにくい・・・。 
こんな時に限って、ティッシュペーパーやらトイレットペーパーは
なくなりつつあり・・・
こりゃあかんな~っと考えてたところ、ふとネットスーパーの存在
を思い出しました。

食料品も日用品もネットで購入できて、しかもその日に配送。
(時間帯にもよりますが)
決裁はカードでOK。(代引でもOK)
それに玄関まで配達してくれるのでめちゃ楽チンになりました。

これからの社会を考えるとネットスーパーの存在はありだな~と
強く思いました。

ちなみに俺が利用しているのは、イズミヤのネットスーパー楽楽マーケット。 
関西ではここが広域に展開している模様です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/22

4×100リレー 銅メダル

野球が負けて、もう終わったと思われた北京オリンピック。
最後にリレーで興奮させてもらいました。

予選でアメリカのポカがありましたが、
(アメリカは何年か1度、バトンパスミスをやらかします)
その中でもしっかりバトンパスを行い、結果を出したのは
日本4Kリレーメンバーの実力だと思います。

種目でこれだけ実力差があるのに、銅メダルが取れてしまうなんて、
日本チームのバトンパスってめちゃすごいんだな~と思いました。

銅メダル、おめでとう!!

Op4k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決定力不足

今日の野球の敗戦で北京オリンピックはほぼ終わってしまいましたsad

本大会での投手起用など采配について言いたい事は色々ありますが、
ここ一番であそこまで打てなければやはり勝てないですね。

野球だけでなく、サッカー、バレーなどその他競技全般的にここ一番で
力が出せない、出し切れない。 で、点が入らない。結果が出ない。

技術、戦略うんぬんよりはいつも見え隠れする精神的弱さによる自滅。
世界で戦うためのタフさを持ち合わせていかないと、
どの大会でも同じ結果を繰り返してしまうのではないか??

とそんな事を強く感じさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/21

オリンピック三昧

自宅療養を言い訳に?!まさにオリンピック三昧です。
(逆にオリンピックがなかったと思うとぞっとしてます)

北島の金メダルもうれしかったし、バトミントンのスエマエの大金星にも興奮したし、
ボルトの世界記録に鳥肌が立ち、アメリカのバスケのダンク合戦にも興奮したけど、
今日のソフトボールの決勝はほんと熱くなりました。
上野の3連投はほんとすごいね。
これに続いて、野球も頑張ってほしいのですが・・・。

オリンピックもあと数日。がんばれ日本!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/18

退院

週末かなりおとなしくしていたので
経過もよく今朝急遽退院が決まり、先ほど退院してきました。
そろそろ飽きてきたところだったので、ちょうどよかったです。

これからしばらくギブスとの戦いが続きますが、
まあボチボチやっていこうと思います。

ご心配をお掛けして申し訳ありません。
そして激励メール&メッセージ、どうもありがとうございます。
とりあえずは大丈夫です♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/16

オペ無事終了

昨日オペが無事終了しました。
初手術でしたが、看護士さん(残念ながらおばちゃん)と雑談しながらの
入室だったのでかなりリラックス出来ました。
今回全身麻酔でしたが、いつの間にか落ちてました(笑)
ただ麻酔あけはかなりつらかったです。
激痛とともに妙な匂いと味が残っててなんとも言えない気分でした。
今朝は痛みも少なくよかったです。まだ足はジンジンしますが・・。
とりあえず順調ですのでご心配なく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/13

入院、初手術へ

無理して出社したのがよくなかったのか、骨がちょっとずれてしまったらしく、
病院の先生と相談した結果、手術をする事に決めました。
と、言う事で明日から入院。 明後日手術の予定です。

人生初手術です。

入院は1週間程度の予定。 頑張ってきますhappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/12

四万十川の旅9 おかえり

綾香の「おかえり」 
今回の旅の最後のキーワード。
行きの車の中で何回も聞いていたので、耳慣れた曲になりました。
いい曲だね。

またいつか行く四万十川YHがただいまの場所になるのかな?bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

四万十川の旅8 森林サイクリング

Cyari

四万十川の支流の横を駆け抜けるサイクリング。
みんなちょっとバテ気味でした(笑)

Siryu

ここで水浴びしたかったなぁ~

この帰りでアクシデント発生。 残念・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

四万十川の旅7 沈下橋ダイブ

Chinkabasi

やっぱお約束?!happy02
飛び込んでおかないとね(笑)

普段より水深が1M以上も低いそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川の旅6 夜明けのカヌー

翌日早朝4:00起床。
沈黙の儀とともに夜明けのカヌーに挑みます。
真っ暗な中、一言もしゃべらずカヌーの準備を行います。

こんな山奥の川岸はてっきり無音だと思っていたら、
車やダンプの音がやたら騒々しく聞こえました。
きっと50年前は自然の音しか聞こえなかったはず。
ダンプの轟音が聞こえてきた時はなんかもののけ姫を思い出しました。

鳥の初鳴とともに沈黙の儀は終了。 
そのまま下流に向かって、カヌーを漕ぎ出します。

昨日の大騒ぎカヌーとは一変、静かな趣のあるカヌーとなりました。

Yoakenokanu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川の旅5 ダバダ火振

Dabada

栗焼酎 「ダバダ火振」 
なかなか手に入らない四万十川源流特産、栗の焼酎だそうです。
うっすらと栗の香りがします。
川えびのからあげとセットでどうぞ!!

Kawaebi

頭からバリバリいけます♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川の旅4 カヌーと川遊び

四万十川の初日はカヌー講習と川遊びでした。

天気が日差しも強いので、カヌー講習と言いながら
各地で水掛け合戦。 これで体力消耗しました(笑)

休憩がてら、川遊び。
なんか子供の頃を思い出す、そんな感じでした。
Mizuasobi

この日は約8kmのカヌーツーリング
流れがないので、結構しっかり漕がないと前に進みません。
みんなガンガン漕いでました♪
Kanu1

メンバー12名でパチリcamera


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

四万十川の旅3 四万十川YH

今回お世話になった宿は四万十川ユースホステルです。
今回はトラブルもあり、さっちゃん&としおさんには色々とお世話になりました。
料理も美味しかったし、さっちゃんのピアノ演奏も聞けたし、
復活したら、また行きたいです。

Simanntoyh

初日の夕食でパチリcamera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川の旅2 讃岐うどんツアー

チーム関西と高松で合流したなぐ&ゆうこ班の計8名で
讃岐うどんツアーを決行! うどんを食べまくりました。

今回3軒、計4玉を完食!!
讃岐うどんと言っても、お店ごとに持ち味が違っていて
面白かったです。
しかも何より値段が安い。 なんと一玉100円ちょっと+具が100円ぐらいで
一杯200円程度で食べれるなんて・・・。
こんだけ安かったら、マクドとかスタバとかに行く気にならないね~

まず最初に行ったのは「うどん がもう」 
まだ朝の10時ぐらいにもかかわらず、お客さんがいっぱいいました。
個人的には、ココが一番よかったかな?
Gamou


2軒目に行ったのが「彦江製麺所」 
住宅街にひっそりあります。 でもここでも並んでました。
ここは麺にかなりコシがあります。 好みが分かれるところです。

3軒目は「宮川製麺所
ここが最後だったので、思い切って2玉を完食

いや~ 麺好きにはたまりませんねhappy01


ちなみに讃岐うどんのおおよそのシステムは次の通り。

1.まずどんぶりを取り、麺の玉数を選ぶ。
2.温かいのか冷たいのかでもらう麺が分かれる
3.麺をもらって、具がほしい人は具を購入。
  (具はてんぷらなど色々あり)
4.汁ときざみねぎを入れてできあがり。
基本的にセルフサービスです。


御代はあとのところが多いそうです。
注意するところはどこも閉店が早い事。
13時とか14時頃、麺がなくなったら終了という店が多いみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十川の旅1 Team関西

08年7月31日~8月2日まで四万十川に行ってました。

探検隊の旅には珍しく?!関西メンバーが6名も集合!!
って事でTeam関西は車2台で現地に向かい事になりました。

早速、集合場所の淡路SAで記念撮影です。
Teamkansai

明石大橋をバックにパチリcamera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/06

松葉杖生活

今週から松葉杖生活が始まりました。

とりあえず一言、やっぱ大変です。

病院で松葉杖を渡された時、松葉杖での歩き方講習?がありました。
脇の下に体重をかけてはいけない事、歩の進め方、階段の上り方、下り方など。
翌日から出勤で松葉杖を使いましたが、教えてもらってよかったな~
と実感しました。

例えば、
こんなに手に力を入れないと前に進めないのか!っとか。
なのに、めちゃ歩くのが遅い!とか。

あと歩いていて気づいた事は、地面の傾斜や段差、色んな扉がやたら重い事、
などなど街の中って体の不自由な人にはやさしくないな~っと。

そして一番怖いのは階段。 理学療法士の方にも階段は極力止めてくださいと
言われましたが、通勤中の駅の中は階段が絶対あります。
これはどうしてものがれられない。
かといって、松葉杖でエスカレーターはちょっと無理。
でもエレベーターは反対側の出口にしかない・・・。
などなど不便な事極まりありません。

人ごみも怖いし(1時間前出勤してます)
最悪なのは雨。
両手松葉杖では傘がさせません。 
で、初日から豪雨に見舞われたのでいきなりタクシー帰りでした。
しかも二日連続・・・gawk

いやいや、いい経験させてもらっております。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

全治1ヶ月か?!

この週末、四万十川でカヌーしてました。
(正式にはカヤック)
夜明けのカヌー、趣があってかなり楽しかったですよ。
(詳細はまた後日・・・)

で、その日の午後のサイクリング中の出来事。
熱った体を癒そうと、川に入るべく斜面を下っていた時、
ちょっと急な斜面で、手がつける木があったので、それに力を入れた瞬間

「ボキッ!」っとその木が折れてしまい、
俺はそのまま滑落bearing
最初の数歩はなんとかしのいだんだけど、最後に足首をひねってしまい
転倒してしまいました。

肩を貸してくれたり、迎えに来てくれたり、病院に連れて行ったりと
皆さんのご迷惑をお掛けした事、深くお詫びいたします。


で、今朝ほど改めて整形外科に行ったのですが・・・。
「足首3ヶ所、骨折です。 全治1ヶ月ぐらいかな~?」との事。
痛みがそうでもないので、ひびぐらいかと思っていましたが、
CTレントゲンで撮ったら3ヶ所ほどやられているとの事。
甘かったです・・・bearing
ちょっと凹みました。 

まあしばらくはおとなしくしとけ!と言う事でしょうか?

Asikubi

象足のようになった俺の左足。
パンパンに腫れてます。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »