« F905i | トップページ | 2007年読んだ本いろいろ・・・①娯楽系 »

2007/12/06

映画プロデューサー 平野隆

先日講義でTBSの映画プロデューサー 平野隆さんの話を聞きました。
平野さんと言えば、「どろろ」や「下妻物語」 代わりどころでは「ゼブラーマン」などのプロデュースをされた方です。
興行収入はイマイチの作品もとりあえず、「黒」にしてしまう売れっ子プロデューサーとはウラハラに
話の内容は結構現実的で、且つとてもサラリーマンチックだったので個人的にはすごく共感できました。
裏ネタも結構あったので、その辺はブログに書けないのですが、

・売れる作品には「パッケージ感」がある。
・売れない作品は大体わかる。
 (ここで今まさにやばそうな作品の話をしてました。 30郎とか真夜中の鷲とかそれくさいようです(笑)
・TV局×東宝が今の勝ち組。
・半年先の未来を読む
・電波×紙、映像×音楽 はヒットの為の仕掛けのセオリー

ってな事を言ってました。
一見華やかな仕事に見えますが、結構ドロドロしてるみたいです。
会社勤めはみんなそんなモンかもしれませんが・・・。(苦笑)

|

« F905i | トップページ | 2007年読んだ本いろいろ・・・①娯楽系 »

お勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/17292387

この記事へのトラックバック一覧です: 映画プロデューサー 平野隆:

« F905i | トップページ | 2007年読んだ本いろいろ・・・①娯楽系 »