« ガーナからの便り | トップページ | DVDドライブ »

2007/12/15

Google×ペンシル

Googleの高広さんペンシルの覚田社長の講演を聞く。
高広さんの講演タイトル 「Google AdWords ~広告プラットフォームとしてできること~
・広告はもはや「媒体」ではない →広告プラットフォーム
 (最近このプラットフォームという言葉をつかっているらしい)
・「広告」=「情報」
・消費者がマーケティングコミュニケーションの参加者に・・・。
・オススメ本は次世代広告テクノロジー

覚田社長の講演タイトル 「Webマーケティングの最新潮流」  
・ネットは情報配信より情報収集が得意。
・分析:過去データとの比較。

高広さんはさすが元某大手代理店出身とあって話が深くて面白い。
古代の自己表現としての「文字」から広告につながるまでの歴史を
語るところからはじまるのは、すごいな~と関心させられました。
(以前聞いたロングテールとはまた違ったアプローチでした)

ペンシルさんの講演は実はあまり期待してなかったんだけど(失礼)
覚田さんのしゃべり口調と事例中心のわかりやすい説明はかなりインパクトがあった。
やるべき事を愚直に行う。しかも体系だっている。
素人にはわかりやすいし、訴えるものがあると思った。

このお二人とはどこかでいっしょに仕事が出来るといいな~っと思った。

|

« ガーナからの便り | トップページ | DVDドライブ »

お勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/17369201

この記事へのトラックバック一覧です: Google×ペンシル:

« ガーナからの便り | トップページ | DVDドライブ »