« 木村さんの講演 | トップページ | 世界陸上 現場から1 »

2007/09/01

世界陸上

今、大阪で世界陸上が開催されています。って明日までですけど(汗)
急遽、今夜見に行くことにしました。

やはり元陸上部、400mHの選手としては見とかなきゃまずいだろー
と突然思いました(笑)
 
まあ昨日の4×100mリレー(通常4K)の結果を見て、火がついただけなんですけど。(汗)


もしかしたら4Kは本当にメダルが取れるかもしれない種目だからです。

しかし日本人は短距離種目の準決勝すら残れないメンバーなのに
なんで??とお思いの方も多いと思います。
それはバトンパスが大きなウエイトを締めるからです。

基本、陸上競技は個人種目。 
外国人の選手はきっとバトンパスの練習なんてそんなにやっていないのでしょう。
すっげーへたくそな選手が時々います。 最近少なくなりましたけど・・・。

一方、日本の選手のバトンパス、これはある意味神業に近いです。
距離感、一体感、連動感、はまると寸分の狂いもありません。
この神業が、日本リレーチームの生命線なのです。

ですので、日本チームの3回のバトンパスが完璧に繋がること。
(当然、リスクはめちゃめちゃ高いです)
そして、他のTOPチームがバトンパスをとちる事。
(他力ですが、世界の差はそれほどでかい)
以上の2点が重なれば、もしかしたらもしかするかもしれません。
その瞬間を目に焼き付けて来たいと思います。

p.s.秘かにイチロク(4×400mリレーにも期待しています)

|

« 木村さんの講演 | トップページ | 世界陸上 現場から1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6221/16303098

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上:

« 木村さんの講演 | トップページ | 世界陸上 現場から1 »